正月飾り~


茅葺屋根の民家~ 私もこうした家で生まれました。
先の家の長さが12間(約21.6m)でしたが、我が家は13間(23.4m)でしたので、
もう少し大きかったようです。

d0041158_23174488.jpg


これは、正月飾りですが、その年の恵方によって飾る場所が違っていたということです。
でも~今は、いつも同じ、この場所に飾っているとのことでした。

d0041158_2319288.jpg


これが、神棚の飾りです。カタツムリのように渦巻きが描いてあるのをホシノタマと呼んでいます。
奥の部屋を納戸と呼び~誰かの後ろ姿が写ってしまいました。(*^_^*)
けぶって見えるのは、囲炉裏の煙の性です。

d0041158_23202787.jpg


恵比寿様と大黒様~^素晴らしい切紙でしょう。芸術的ですよね。

d0041158_11273480.jpg


これは、12か月の家内安全と豊作を祈ってお餅が飾られています。
うるう年には、一個多くなるということでした。

こうしてみると、東北というか宮城の神棚にも地域によってそれぞれ特徴があるようですね。
皆さまの方は、どんな飾り方でしょう~~


[PR]
by sidu-haha | 2011-01-19 23:25 | 正月 | Comments(24)
Commented by ケロ at 2011-01-19 23:46 x
こんばんは。

いい雰囲気ですね♪
この木の艶が、何ともいえない味を出してます。
こういうの大好きですよ。

きっと、僕もバシバシ写真撮ってると思います。
中々、こういった場所に行けないですけどね。
Commented by sakurashot at 2011-01-20 00:04
中もとてもよい感じですね〜
お正月の飾りも賑やかな感じでよいですね。
切紙が素敵です!
Commented by isao1977k at 2011-01-20 02:20
おはようございます(^-^)
すごいお飾り、七夕を思い浮かべたのは私だけではないはず…!?
こうして毎年、家を綺麗にして、お飾りをして
家内安全を願うのでしょうね。
見習わなければ!!!
Commented by gigen_t at 2011-01-20 06:28
 これより大きな家で育たれたとの事 大大尽 オヒメサマとして お生まれになられたのですね、 それにしても正月飾の 切紙 手の込んだ正に 芸術品 ですねー、 このようなものが 脈々と受け継がれて来ている訳ですね、 素晴らしい事です、
Commented by the-fuji at 2011-01-20 06:57 x
このような」飾り始めてみました。ポチ
流石に冷たかったです。でも夢中でした。
Commented by ccrkasago at 2011-01-20 08:47
おはようございます。 それぞれの地域の習慣や風習は違っていてとっても楽しいです、
この住宅はとっても手入れが良くされていて、美しい扉と床が美しいです、これだけ手入れをするには大変だと思いますが、女性ならではの根気の仕事の成果だと感心してしまいます、
Commented by risaya-827a at 2011-01-20 09:02
おはようございます^^
これは素晴らしい☆
民家には民家の歴史がある・・・と言うことは分かりますが
これは今の日本にはない光景で特別に大感激しました^^
やっぱり、似合いますね、民家に。。。 (^^)
なんと言っても、人のぬくもりを感じされるって事が良いです♪
こういう出会いは東北地方には多いのでしょうね、きっと!!!

Commented by ムーミンママ at 2011-01-20 11:33 x
すごい飾りですね~~
大黒さまとかの紙がここと違いますね。こんなの見たことが無いです。
緑も入っているなんて。。。こちらはお仏壇に飾る紙には、昆布と海老
が書いてありますよ。それに
見事な切紙?ですね~~ ここまでいったら芸術品です。
確か、ナイフひとつで作るとか・・・
私もこんな感じの家で生まれました。物心がつくころには
別な家に改造したような・・・
Commented by London Caller at 2011-01-20 12:11 x
>我が家の方には、ストーンサークルがありますよ~^

そうですか?私も見たいです。
ブログにアップしてくれませんか?

最後の写真:
それは日本のクリスマスツリーでしょうか?^^
Commented by kanmyougama at 2011-01-20 12:20
正月飾りの伝問いが残っているようですばらしいことです。
古い民家をつぶして今風の家になった頃~正月飾りも今風になってしきたりや伝統は消えました。
キチョウはこの伝統はのこしておきたいですね。
Commented by kobakoba-134 at 2011-01-20 12:28
こんにちは~!
藁葺き屋根の民家、日本を代表する民家のように思います・・
家族のつながりを尊び、家そのものを大切にする思い、
伝わってくるようですね・・
風習の違いもありますね・・
私が暮らす地方は、神仏に関して、少々、簡素化されてますから、
少し味気ないように思います~(^^♪・・
正月飾りも、巧妙で目を見張りますね・・
こうした事柄、とても勉強になります~・・有難うございます!
Commented by koumonomio at 2011-01-20 15:46
とても見事な正月飾りですね^^
切り紙は何度か拝見したことがありますが、
ホシノタマと言うのですね。・・・これは始めて拝見しました。
我が家ではゴボウ巻きぐらいしか飾り付けることがなくなりました。
以前は、熊手なんかも飾っていたのですが(汗
Commented by kokoko1965 at 2011-01-20 15:48
日本の原風景の一つですね。
Commented by 「せ」 at 2011-01-20 15:59 x
いつから
なくなっちゃったんですかね
正月の風習

いっしょに風情も
とんでっちゃったような (。・_・。)ノ♪
Commented by izumitani128 at 2011-01-20 16:11
こんにちは!
此方でも子供の頃は茅葺の家が有りましたが段々と姿が消えました

夏は涼しく冬は暖かいと聞いてましたが
風習すら無くなり現代風は寂しいですね

伝統行事が有るところは気持ちのぬくもりを感じます
何時までも残してほしいと思います。。。ポチッ
Commented by tomiete2 at 2011-01-20 17:35
年だがたつほどに気は固くなり艶がですのですね。
人間門年を稼寝るに従い艶が出るといいですね。
Commented by ぱせり at 2011-01-20 19:35 x
ホシノタマ 実家でも飾っていましたね♪
懐かしいなー (こんな立派な家じゃなかったけど…^^;>)
年季がはいった床の黒光りが 重厚ですねー
けぶってるのはー 仕方ないですねー 虫除けでしたっけ…?
Commented by timata-sn at 2011-01-20 21:01
sidu-hahaさん こんばんは
今日も厳しい寒さの一日でしたよ。

昔の田舎を思い出す光景ですね。
木が黒々として艶が有って綺麗ですね!!
囲炉裏や竈を焚いていた煙が廻って艶を出しているのでしょうね。
神棚のお飾りや切り紙が見事ですね!!
私の田舎でも切り紙を飾って居ましたが、これ程立派なものでは
有りませんでした。
Commented by hiro-photo at 2011-01-20 21:06 x
こんばんは。
地方によって、風習や生活様式が違っていて興味深いですね。
最後の一枚は、お餅の花が咲いていますね、12ヶ月なのにお餅は11個ですか・・・、何度も数え直しました。
Commented by miyakeoriibu at 2011-01-20 21:42
こちらとは正月飾りが随分違いますね。
ホシノタマという神飾り 初めて見ました。
東北地方は素晴らしい伝統が残っているのですね。
Commented by doremi730 at 2011-01-20 22:14
一つ一つの所作や慣わしにいわれがあって、素敵ですね。
お餅も12個だったんですね。。
切り紙が繊細でいいですね~♪
Commented by s-kainaka at 2011-01-20 22:16
僕の実家も、昔はこんな感じでした。もう30年以上前に
建て替えられましたが、建具もこんな感じの色合いだった
記憶があります。懐かしい思い出です。
Commented by gonbe0526 at 2011-01-20 22:29
こんばんは
お見舞いのお言葉ありがとうございます。
昔の田舎の家を思い出すような光景ですね。
それにしても地方地方で風習も違えば飾り物も違うのですね。
でも木にもちを刺しているのは何処かで見た気がします。
Commented by 地理佐渡.. at 2011-01-21 06:20 x
おはようございます。

飾りの雰囲気もさることながら、室内の柱やとなど、家屋としての
作りの方にも気になる所です。黒光りしている戸や柱は美しいで
すねぇ。日本家屋の良い雰囲気が伝わります。これがあっての
飾りという感じで見ています。
さて、これから出張で出かけてきます。帰りは日曜日の予定です。


<< 囲炉裏~~ 懐かしの民家~ >>