御返事下さいという地名かな~


宮城県から秋田県へと山越えをして到着すると、雄勝町があります。
そこには、あの~~絶世の美女で知られる小野小町生誕の地がありました。

d0041158_8482362.jpg


これは、2010年の小町祭りで選ばれた現代版小町さんたち~です。

d0041158_8493275.jpg


そこから山の峰沿いに、御返事という地名がありました~。
みなさんは、どのように読みますか??私はモチ、ゴヘンジと呼んじゃましたが~
ほんとは、オッペチと読むそうですよ。

d0041158_8512153.jpg


ほら~~、橋の名前にもありました。
地元では、小野小町に恋した深草少将が思いが届けと願をかけたそうです。
毎日手紙を書いて99日が過ぎ、100日目に雷に打たれ、川に落ちて亡くなった。
それで、小野小町からの返事を待ったので、御返事という地名が生まれたと伝わっていました。
(それにしても、深草少将は可哀想でしたね)

d0041158_8515874.jpg


地名の意味は、向こうに見える尾根の端っこと、橋の架かっている川や低湿地帯にありました。
これは、アイヌ語で解ける地名で、オペッカウシという地名に漢字が当てられたことと、
言葉が省略されて詰まった結果だそうです。
アイヌ語では、山の尻が川の上に突き出ているという意味になるそうです。
現地は、まさしくそんな所でした。アイヌ語を話す人たちが住んでいたころは、
現在の田圃などは、川が自在に流れていた湿地帯や流路だったのでしょうね。
それが、人の力で新田開発が行われ、川の流れも一つにされてしまったのでしょうね。
地図でみると、いまでも川が二つ流れています。

d0041158_8543797.jpg


秋田には、鹿島様と呼ばれる巨大な藁人形があちこちで見られます。
これは、疫病や流行病など、そして悪いことが村へ入らないようにと願った賽の神の役目をしていたようです。

d0041158_911713.jpg


最後は、平安女性のかぶりもの、市女笠の形の屋根が特徴的な雄勝道の駅です。
稲庭うどんを食べて来ました。美味しいんですよ。
「皆様、是非秋田にイラシテ下さい」って~、小野小町さんからの伝言でした。(^o^)


[PR]
by sidu-haha | 2014-07-10 09:04 | 自然 | Comments(28)
Commented by ☆彡異邦人 at 2014-07-10 10:14 x
~☆ sidu-hahaさんへ ☆~
鹿島様や小野小町などのでは秋田と我が茨城は
深い関係があるようですね。
それにしても地名は、地元の人しか読めないものがありますよね。
オペッカウシは、日本の現代語にない意味まで含んだ表現があって
山の尻が川の上に突き出ているという意味とは、素晴らしい語源ですね。驚きました。

Commented by isao1977k at 2014-07-10 10:37
小野小町、そっちの方にもあるんですか。
茨城県土浦市にも小町の館というものがあるんですよ。
http://www.city.tsuchiura.lg.jp/page/page001997.html

日本全国似た地名があるものですね。
Commented by tomiete3 at 2014-07-10 12:08
こんにちは
そちらは大雨ではありませんか・・
 各地に災害が発生していますね。
 危ないと思われるときは早めに避難ください

  アイヌの人たちは・・故郷を捨てて北海道に住み着かれたのですね。
  地名もアイヌ語で残っているのでしたか
Commented by gigen_t at 2014-07-10 16:19
 相変わらずの 東奔西走ですね、 地名も興味深く拝読いたしました。 一枚目の小町さんたち 尊顔を拝したい処ですが 見えないから 余計に 見たくなりますね、
Commented by tenpousen6 at 2014-07-10 16:27
アイヌ語で解ける地名とは面白いですね、福島にもいくつか探せばあるのでしょうね‥福島に新開さんという方がアイヌ語で解ける地名をまとめた本を出しているようですが。
Commented by school-t3 at 2014-07-10 17:21
あぁ、面白かった。
小野小町が秋田の人とは知りませんでした。

オッペチ・・と書いてあるのにわたしは
どうしてもオペッチと読んでしまいます。

ところで本当の由来はアイヌ語の詰まったものなんですか?
それとも小野小町のお返事のほうですか?
Commented by たいちゃん。 at 2014-07-10 17:24 x
地名の起源というのは面白いですね。なんとなく北海道の地名と似ていると思ったのですがアイヌが関係しているとはびっくりです。アイヌは北海道だけじゃないんですね。
Commented by nikojisan at 2014-07-10 18:01
日本全国に小町伝説は散らばっているようですね・・・・?
わたしは内田康夫氏の作品を思い出します。!!
「小町祭の最中に老人が掴み掛からん様子で小町モデルに目の前に進んできて・・・
やがて目の前で死んでしまう」と言うシーンから始まるミステリー作品です。
雄勝と言う名前が宮城にも秋田にもあるのは偶然なのでしょうか??

米袋のデザインをあきたこまちの写真に変えたら一挙に人気が出たというのも
小野小町さんの御利益でしょうか??
Commented by timata-sn at 2014-07-10 20:39
sidu-hahaさん こんばんは
今日は台風が四国沖を通過して、こちらは何事もなく助かりましたよ。

小野小町の伝説がそちらにもあるんですね。
深草少将は可哀そうですね。
オッペチ とても読めない地名ですね。
オペッカウシ もとても理解できないですよね。
鹿島様の藁人形が有るんですね、守り神なんですね。
Commented by natureflow at 2014-07-10 21:42
秋田の現代版小野小町さんたち
美しいですね。
秋田県にもアイヌの人たちが住んでいたのですね。
おっぺちという言葉もアイヌの言葉
なんとなく北海道と思っていたのですが
何も知らない~のですね!!
Commented by yohachi-nitta at 2014-07-11 03:49
短編小説のミニ版みたいで、楽しいですね。

其れに土地の名前も言い伝えも意味があり伝承されたものだから
一層関心を誘われます。
弥生の昔から京と北国とも往来があったのですから、そういう意味で日本は広くはないですね。
Commented by mark_blues at 2014-07-11 16:07
「せ」す
どんな顔してたんすかね
本物の こまちさん(。・_・。)ノ ♪
Commented by 山小屋 at 2014-07-11 17:38 x
御返事と書いて「オッペチ」ですか?
私の近くに越辺(オッペ)川というところがあります。
やはりアイヌ語で「お」は豊か、「ぺ」は川を意味し、「豊かな川」と
いわれています。

手紙は書かなくなりました。
メールのほうが手っ取り早いです。
Commented by zao480 at 2014-07-11 23:32
まあー、深草少将は可哀想でしたが、小町さんはよほど気に入らなかったんでしょうね。
アイヌ語は面白いですね。こうした複雑な地形に関して専用の言葉をつかっていたとは。今はわからなくなってしまったけど地形に関して沢山の用語があったに違いありません。
Commented by hirugao at 2014-07-12 08:10 x
現代の小野小町さんたちやはりかぶってるベールがいいのかしらねえ。
お返事でおっぺちとはね・・・
優雅な深草の少将のお話も他いい時代でしたね。

Commented by はぴ at 2014-07-12 09:22 x
1枚目 小町さんたち 素敵ですねぇ。

御返事 面白い地名があるものですね。
私もおへんじって読んでしまいます。
オッペチって響きも面白いですね。

100通目で・・・運もないですよね^^;
Commented by 小太郎 at 2014-07-12 23:24 x
オッペチは面白い読み方ですねぇ。
小野小町生誕の地ですか…
いつか行ってみたいですよ♪
Commented by KawazuKiyoshi at 2014-07-13 14:53
アイヌたちが活躍していた頃。
北陸、北国の、遠い昔を偲びますね。
今日もスマイル
Commented at 2014-07-13 17:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yukun2008 at 2014-07-14 06:13
小野小町ゆかりの地ですか、99日もラブレターを出していたとは昔の人も情熱的でしたね、オッペチはアイヌ語なのでしょうかね?
Commented by 地理佐渡.. at 2014-07-14 21:20 x
こんばんは。

>オッペチと読むそうですよ。

御返事がこう読めるのかぁ。やはり面白いです。
アイヌ語源の地名ですかね。地名考。実に楽し
いテーマです。


Commented by hokkaido-tairiku at 2014-07-14 22:35
こんばんは♪
先日はお越し頂きましてありがとうございます。
宮城県にお住まいなんですね?
私も仕事の都合で7年間仙台に住んでいました。
その頃写真からは離れていたんですが、
東北6県は色々と行ったので懐かしいです。
またお邪魔させて頂きたいと思いますので宜しくお願いします^^
Commented by slowhanded at 2014-07-16 20:47
へ~、「おっぺち」とはとても読めませんでした。
おっしゃるとおり「ごへんじ」か「おへんじ」としか
読めませぬ。。。( ̄▽ ̄;)ゞ

鹿島さまもちと恐そうで引き気味になってしまい
ますが守護神とのことでありがたいわら人形な
のですね~。

何となくジブリの映画に出てきそうな感じ。d(^-^)!
Commented by usatyu4 at 2014-07-17 22:48
こんばんは ここが小野小町の生誕の地ですか。
また一つ新しいことを知りました。
オッペチには驚きました。北海道では読み方がわからないところがたくさんありますが、ここもアイヌ語のような読み方ですね。
Commented by jbl4312t at 2014-07-18 00:11
こんばんは。
オペッチに鹿島様ですか、とても素晴らしい文化が息づいているのですね!
こんな地方の文化をずっと大切にしなければいけませんね(^^)
                            sirabiso
Commented by haruneko3 at 2014-07-20 22:25
鹿島さまひとめみて気に入りました!
なんていいお顔の表情。
Commented by doremi730 at 2014-07-21 12:53
小野小町のお寺が京都にあるので、てっきり京都出身かと、、
秋田美人だったのですね
Commented by kimiko_shibata1 at 2014-07-22 07:03
面白い(・・・といったら失礼かな?)地名やお名前、とても興味があります。
おへんじ・・・と呼んでしましました。
小野小町、現代版も素敵な風情ですね。
アイヌの文化、大切にのちに伝えたいです。


<< 気になる地名 うすくない~~?? 百合園へ~ >>