筆甫へ~


宮城県南の丸森町筆甫(ひっぽ)へ、製鉄実験に行って来ました。
途中から道普請のため、回り道を強いられて~
いつも見るのは内川という川ですが、今回初めて、鷲の平川に沿って進みました。

d0041158_7185093.jpg


渓谷に沿って道ができていて~~迫ってくる山肌は、崩落地であることを示す岩山でした。

d0041158_7204221.jpg


対向車が来たら~~どうしようと思うような狭い道~怖かったですね。

d0041158_7214942.jpg


少し広い所に出たので、小休止~~見上げた空のなんと~美しいこと。

d0041158_7231374.jpg


やっと、いつもの道に出たようです。

d0041158_7244170.jpg


筆甫を訪ねるのは、もう、何十回~ いつも心癒される地です。
なんせ~~住んでいる人たちが優しい~~

d0041158_7261731.jpg


やっと、到着~~すでに炉に火が入り~~実験は始まっていました。
年に4回行われているのですが、この季節には初めて~

d0041158_7275533.jpg


原材料の砂鉄が32kg~~生まれたケラ(鉄)は15.5kg強でした。
大成功ですね。さすが熟練の人たちです。
できた鉄で、今度は自分たちで鍛えて、何かの形にしたいと話していました。

d0041158_7312688.jpg


鉄が顔を見せています。これからもっと主成分を取り出して、水桶(湯舟)に入れます。
その時、産みの苦しみというのでしょうか~ものすごい音がして 鉱毒を発します。
自然からいただく、貴重な物~。古代には一般の人は鉄製品を持つことはできませんでした。
現在は打ち捨てられたようになっていますが~、考えられないほど、大変な作業から生まれていたのですね。

d0041158_7344688.jpg


このような静かな谷間のような集落ですが、とても素晴らしい人々が暮らしています。


[PR]
by sidu-haha | 2014-09-20 07:37 | 自然 | Comments(23)
Commented by isao1977k at 2014-09-20 07:51
昔ながらの暮らしをしているんですね。
ふりがな無しでは読めないですね。
行ってみたいな??
Commented by kanmyougam at 2014-09-20 08:04
製鉄ができる集落。32㎏の砂鉄から15・5㎏のタタラを生み出す。
これが鉄器の原料になるのですね。
Commented by ☆彡異邦人 at 2014-09-20 08:35 x
~☆ sidu-hahaさんへ ☆~
筆甫(ひっぽ)とは、また変わった地名ですね。
貴重な製鉄実験を見られたんですね。こういう技術を持った方が
まだこの地方に入るんですね。多くの人に見て頂き、
何んとか継承していってもらいたいですね。
Commented at 2014-09-20 10:13
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by KawazuKiyoshi at 2014-09-20 12:32
製鉄も大昔から権力者の独占だったのでしょうね。
あてるい(?)の話にも出てきて
大変興味深く思っています。
お元気で。
今日もスマイル
Commented by tenpousen6 at 2014-09-20 16:17
炭やきも興味ありましたが、製鉄とはもっとすごいことですね。
Commented by timata-sn at 2014-09-20 19:54
sidu-hahaさん こんばんは
今日は曇り空が続きましたが、雨には成りませんでしたよ。

丸森町筆甫へ行かれたのですね。
製鉄の実験を観られたのですね、凄いですね!!
32kgから15.5kgの鉄(けら)に加工されるんですね。
凄い人たちが居られるんですね。
筆甫は振り仮名がないと読めないですよ。
真っ青の空の下綺麗なコスモスが咲いて居て癒されますね!!
Commented by cosmic rainbows at 2014-09-20 20:38 x
ブログの更新、毎日楽しみに待っていました~!お写真1枚1枚とレポートの一文一文、拝見していて、その場所に行っているような気持ちになりました。ありがとうございます!

川の流れ、大きな青空、手書きの看板、ミックス色のコスモス、手づくりの鉄の塊・・・
ただただ・・・感動しています・・・。

ひっぽに、行ってみたいです。
景色も、そこに住んでいらっしゃる皆さんも、優しい感じが伝わってきますね・・・。
Commented by slowhanded at 2014-09-20 20:51
自然豊かな渓流に美しい青空、そしてきれいなコスモスと

心洗われる光景ですなぁ。( ̄-  ̄ ) ジーン
Commented by zao480 at 2014-09-21 00:04
阿武隈山地周辺では古代の製鉄遺構が多いですね。燃料調達にちょうど良かったのかな、イヌシデ節の炭化材が沢山見つかっています。
遺構には鉄犀も沢山出てきて、どんな感じだったのかと思いましたが、こんな風に製鉄が行われていたんですね。面白いものですね。
Commented by tomiete3 at 2014-09-21 04:34
おはようございます。
砂鉄から鉄を・・・遠い昔の人が考え出した技術・・継承できることを願いたいですね。・・その技術を知りたいですね
砂鉄を集める方法
火力を付けた火の中に・・ただ入れるだけなのか・・

クラという塊を水の中に・・
単純なようで熟練が必要でしょうね。
Commented by juju3291 at 2014-09-21 06:57
イイね   ★元気ばば★
秋の実りの時期を待ている稲穂が青空にマッチ
写真って景色が物語を作っています
Commented by chantake123 at 2014-09-21 08:09
おはようございます。
もうコスモスが咲いているのですね!
たたら製鉄はすごく興味があります。
見てみたいなあ♪
Commented by kainaka-2 at 2014-09-21 20:52
こんばんは。こういうのどかな風景は大好きです、これからもたくさん
見せて下さい。
Commented by risaya-827a at 2014-09-22 07:52
おはようございます^^
自然がいっぱいで空気が美味しそう~♪
青々とした天は澄んで高く、お花も揺れ、しかも実りの秋^^
気持ちのいい風景が見られますね♪
街中に住んでいると、憧れの風景ですが、お仕事では大変だと思います。
季節の変わり目なのでお気を付け下さいね^^
Commented by natureflow at 2014-09-22 16:09
こんな釜で
砂鉄から鉄をとりだし
今なおその製鉄守って継承している。
びっくりです・


周りの秋とマッチしますね。
Commented by jin-m10-p at 2014-09-22 17:35
こんにちは。
え~こんなとこでこんなことしてたんだぁ~。
ワタシはタタラから刃物を作ってみたかったのです。
いいなぁ~こんど教えてくださいネ~。
Commented by happysweet1205 at 2014-09-22 23:17
澄み切った青空が気持ちいいですね。
コスモスも可愛い~。
製鉄実感 面白いですね。
こうした技術 若い人に継承されるといいですね。
Commented by gigen_t at 2014-09-23 06:47
 おはようございます、 こちとら隣町なのに何も知らずにおりまして、 恐らくは その道の方々が 集っての 実験なのでしょうが、 スゴイネー  色んな分野に 造詣が深くて 驚いています。
Commented by nikojisan at 2014-09-23 15:51
むかし、角田から大河原に向かうときに筆甫に迷い込んで山の中をウロウロして
不安になったことがあります・・・・。
流石に宮城県第一の田舎だけのことはありました・・・・・??
部下の女性に丸森町の出身者がいましたが・・・彼女も筆甫はもっともっと田舎だと言ってました!!

もう二度とは行きたくない場所です!!
Commented by hiro-photo at 2014-09-23 19:32
こんばんは。
真夏を思わせる様な青い空ですが、コスモスの花を見て少しホッとしました、気温も少しは下がって来ているだろうとこのコスモスで感じました。
Commented by usatyu4 at 2014-09-23 22:13
こんばんは こちらにもたたら製鉄があるのですね。私の県にもあって来月見学に行く予定をしています。
いい下調べが出来てよかったです。
Commented by 岳の父ちゃん at 2014-09-23 22:31 x
こんばんわ!
ずーっとサボっていたのに昨日はコメントくださいましてありがとうございました。
製鉄ですか。私の実家の町にも巨大製鉄所があります。
・・・・世間様をお騒がせしております。(笑)


<< 登米市の薪能~ 新北上川沿いを~ >>