2017年 06月 26日 ( 1 )
360年も使われている用水路
いつも何気なく見ている水田~。ここに水を曳くために先人はご苦労されていた。
d0041158_10430177.jpg
奥羽山脈への途中、芭蕉があるいた鳴子の中山に、
360年ほど前に掘られた隧道と用水路が残されていた。

d0041158_10435161.jpg
d0041158_10400172.jpg
水路を越えて対岸へ行くのに、足を取られたり、石に足をかけると滑ったり~


d0041158_10411051.jpg


d0041158_10414602.jpg


このような崖の続く山を開削して造られたのだそうです。
道具は、鑿と他になんでしょうね。



d0041158_10422478.jpg


右下の方に隧道の入り口が見えますね。
ここからはトンネルになっていました。


d0041158_10420429.jpg
d0041158_10451835.jpg


途中には、こんな赤い実が~ 山菜もたくさんありました。

d0041158_10452645.jpg


ここが隧道の出口になっていました。
水路には岩魚がたくさんいるのだとか~。

d0041158_10440317.jpg



この寒冷地で育った「ゆき結」という米を炊いて作ってもらったおにぎり~
とっても美味しかった。山菜のミズは蕨も出て~準備してくれた方に感謝でした。

d0041158_10454667.jpg


これは、ノスリという鳥の羽~

d0041158_10455423.jpg


[PR]
by sidu-haha | 2017-06-26 10:56 | | Comments(17)