2018年 01月 08日 ( 1 )
仙台の河岸段丘を歩く


仙台の街は、元々城下町でした。
その城下町は広瀬川が作り出した河岸段丘の上町段丘・中町段丘・下町段丘にあります。

d0041158_01332414.jpg

ここは、宮城県庁で、勾当台という高台に位置しているます。
勾当台公園が左端まであったのが、東二番町を閉じた感じ(þ字路)になっていたそう。

d0041158_01334750.jpg


それが道路改修により北へ向かって真っすぐになりました。
この付近になると中町段丘になる。そして、次第に道は下がっていきます。

d0041158_01340438.jpg

ここは、公園の低い所から段丘を上る地形で、定禅寺があった場所へ向かう。
この上に、定禅寺の山門があったらしい。

d0041158_01342016.jpg


この像がある付近が山門跡。
このお寺は、時代は不明ですが無くなり、県庁付近は、仙台藩の学問所、
養賢堂になっていました。
その名残に、定禅寺通りの通り名が残っています。


d0041158_01550147.jpg

真中の道、この辺りが、養賢堂の門があった所だろうという。
そのため、市役所の前の通り(ここに真っ直ぐ通じる道)が表小路になっている。
d0041158_01332520.jpg


県庁から、南への道は、どんどん下がって行き、歩くとその傾斜がよくわかる。
しかし、この道、江戸時代にはこんなに真っ直ぐでなかったようだ。
それは、県庁のある段丘崖が道を遮るような地形だったのではという。
だから、左のほうへグイと曲っていると。

d0041158_01582244.jpg


ビルの谷間に残る古い地形や道、デッカイ街なのに、こんな風に歴史の痕跡があった。
うまく、説明できていなくて、すみません。
伊達政宗は、この河岸段丘をうまく利用して、仙台城下を作り出したらしい。



[PR]
by sidu-haha | 2018-01-08 02:03 | 仙台 | Comments(9)