2018年 01月 13日 ( 1 )
登米市南方の大嶽山へ

南方の大嶽山興福寺へ、初めてお参りしてきた。

d0041158_22533777.jpg
黒門と呼ばれる山門、お寺といいながら、鳥居のよう。
他にも、何カ所か、赤い鳥居も立っていた。古い時代の神仏混淆の名残らしい。
d0041158_22534804.jpg
長い坂を登ると、緑のシャガがいっぱい。古代や中世には館だったろうか。
d0041158_22535665.jpg
どんどん、崖地が目立って来て、石垣や蛇籠が積まれていた。
ご住職のお話によると、岩盤ではなく、粘土が多いそうで、地滑りもあるらしい。

d0041158_22540742.jpg

d0041158_22541491.jpg
山門が立派で、まるでお城の門のよう。
d0041158_22542234.jpg
登って、びっくり。まるで箟岳山の箟峯寺そっくりの建物。
伺うと、明治以降、箟峯寺の末寺になっているとのことだった。

d0041158_22543561.jpg
箟峯寺とそっくり同じ坂上田村麻呂伝説が残されていた。
大嶽丸というエミシの頭が、退治されて、首が鬼首まで飛んで行ったというお話です。
どうも、地元民としては、退治されたという言葉にひっかかりますけどね。
d0041158_22544706.jpg


可愛い狛犬さんでした。

d0041158_22545574.jpg


お堂の周りには、これは、二十四孝物語、どこかで聞いたことのある人の姿がずらっと。
知りたいことについては、全然目的が叶わなかったけど、立派なお寺に感激してきました。


[PR]
by sidu-haha | 2018-01-13 23:13 | 正月 | Comments(9)