カテゴリ:自然( 115 )
松ぼっくりが~


今日は、午前に地名カフェがありました。

d0041158_1222538.jpg


場所は、古川駅前の喫茶店~。そこへいつも参加する方が、こんなのを持って来てくれました。

d0041158_1233621.jpg


これ、一体、なんでしょう~。きっとご存知の方がおいでだと思いますが、私は初めてでした。

d0041158_1244710.jpg


これは、黒松の松ぼっくりの実を、リスが食べた後のものだそうです。
きっと、美味しかったのでしょうね。きれいに食べつくされていました。

自然には、知らないことがたくさんあると自覚しました。(^_-)-☆


[PR]
by sidu-haha | 2017-01-14 12:06 | 自然 | Comments(9)
今年も~



d0041158_1114193.jpg


新年、おめでとうございます。
白鳥さんたちは、風邪をひかないのでしょうか。
私は年末を風邪で〆てしまいました。(๑′ᴗ'๑)
皆さま、今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。


[PR]
by sidu-haha | 2017-01-01 11:03 | 自然 | Comments(8)
大銀杏に会いに~


大きな銀杏の木があると聞いたのは、10日程前~何気に時間が取れず、昨日やっと行ってきた。

d0041158_1038196.jpg


友人が写した頃には、まだ黄色の葉が茂っていたのに、もう丸裸になっていた。

d0041158_1039367.jpg


日当たりの悪い谷間にあったものだから、あまり黄色の絨毯の色はいまいちでしたが~

d0041158_10412311.jpg


圧倒されるような大樹の姿に、予想外の感激でした。

隣の高台にあるお薬師様の境内まで落ち葉が広がっていて~こんなに素晴らしい所があったと~。

d0041158_10435282.jpg


森閑とした森の中に、この木を植えたイニシエ人の思いを感じたような気がしました。

d0041158_10453559.jpg


お蔭で、大銀杏とお薬師様にあえて、良い日になりました。


[PR]
by sidu-haha | 2016-11-27 10:46 | 自然 | Comments(11)
尾根のぶな林へ


小学生たちのツアーに混ぜてもらって、禿岳のぶな林へ~

d0041158_23285726.jpg


禿岳の登山道を入ってまもなく、ブナの自然林になる。
西は山形県最上町、東は宮城県鳴子温泉鬼首~の分水嶺になっている。

d0041158_2331593.jpg


冷たい日本海からの風と、大量に降る雪の為に、木々はまっすぐ伸びられず~

d0041158_23333948.jpg


ガイド役は、我が息子で~ちょっぴり恥ずかしいやら、関心するやら~

d0041158_2335424.jpg


いろいろクイズを出しながら、子供たちを飽きさせないで、リードしていく。
これは、ブナにとりついた、菌について~(答えは忘れてしまったです。ふふふ)

d0041158_233753.jpg


d0041158_23374615.jpg


子供たちも、元気に答え、もっともっとと言う。

d0041158_23392469.jpg


ひさしぶりの山だったので、足が心配~(^^)/。子供たちの元気に救われました。
やっぱり、山はよいですね。すごく気分爽快で帰宅~。(๑′ᴗ'๑)

d0041158_23413866.jpg


山は、あっという間に~日が落ちていく~。

d0041158_23433447.jpg



[PR]
by sidu-haha | 2016-11-18 23:46 | 自然 | Comments(12)
鬼首地名ツアーへ


11月3日の文化の日、少々雨模様でしたが、鳴子温泉の鬼首へ地名ツアーに。

d0041158_17283723.jpg


d0041158_17285281.jpg


東北の古代は、律令国家へ取り入れられるための地元側との戦争がありました。
ここは、平泉を作った藤原清衡の伯父さんやお母さんゆかりの戦いの場~鬼切部城跡

d0041158_17304755.jpg


それまで小雨が降っていたのですが、到着したら青空が見えて来て~紅葉もまだまだきれいでした。

d0041158_17313499.jpg


鬼首の地名は、アイヌ語で「オ・ニ・カ・ペツ 洪水で川尻の木々の上を大水が流れる沢」
などと解け、アイヌ語による自然災害地名です。漢字の印象とは全く違うのですが、
古代の人々は、後世の人々に、自然の恐ろしさを伝えたようですね。

d0041158_17343219.jpg


バスの中から、きれいな紅葉を写したいとチャレンジしたら、こんな具合~

d0041158_17352993.jpg


江合川の源流、始まりの地点に立っていた水神様です。

d0041158_17361856.jpg


少々、杉加減の紅葉ですが、まだまだ楽しめました。

d0041158_17375641.jpg


d0041158_17382196.jpg


ここは、鬼首スキー場から見た禿岳~ とても東北とは思えない景色でした。

d0041158_1739351.jpg


鳴子ダムの紅葉です。あんまり色が出ていないのですが~

[PR]
by sidu-haha | 2016-11-07 17:40 | 自然 | Comments(9)
初撮りの雁~


なかなかタイミングが合わず、雁に会えないでいた。

d0041158_19345047.jpg


ところが、隣町のクリニックへ風邪薬をもらいに行くと~いました、いました。

d0041158_1936222.jpg


みんな田んぼでお食事中~~

d0041158_19373131.jpg


偉い雁なのかな~~頭をもたげて、片足で~なんか言っているようす~
他の雁は、知らんふりして~ひたすら餌を求めていた。


[PR]
by sidu-haha | 2016-11-03 19:39 | 自然 | Comments(7)
初の紅葉狩り??


地名ツアーを控えて、鳴子温泉方面へ下見に行って来た。
まずは、鳴子峡へ~。

d0041158_8402687.jpg


比較的朝早く出かけたつもりでしたが、車が、人が、いっぱい。

d0041158_8413786.jpg


どんどん、増えて来たので、本来の目的地、鬼首へ向かった。

d0041158_843038.jpg


ここは、禿岳~~ずいぶん久しぶりの出会い~~すでに紅葉は終わっていた。(^^)/

d0041158_8442873.jpg


空が大きくて~~雲の様子もきれい~。しっかり深呼吸して~~元気をいただく。

d0041158_8452322.jpg


d0041158_8461446.jpg


d0041158_8464040.jpg


久しぶりに、両手を広げ、ノビノビ~~。気持ちがよいですね。


[PR]
by sidu-haha | 2016-10-26 08:48 | 自然 | Comments(8)
少し色づいてきたね。


d0041158_19292125.jpg


ここは、地名も黄金田という所で、青空と出穂をした田んぼの様子がきれいでした。

d0041158_19315430.jpg


道端には、こんな可愛い花が咲いていて~、お盆だというのに調査に出かけた私を慰めてくれているよう。

d0041158_19333574.jpg


嬉しくなって、たくさん写してしまいました。

d0041158_19345231.jpg


ボタンヅルの白い花も愛らしいですね。
すみません、センニンソウの間違いでした。(^_-)-☆

d0041158_19355226.jpg


蝶も、一休みでしょうか~。

d0041158_19363820.jpg


暑いと、外歩きは疲れますが~、こうした蝶に会えたりすると、少し元気がでるようでした。


[PR]
by sidu-haha | 2016-08-15 19:38 | 自然 | Comments(9)
もう一度滝の上へ


滝の上の原稿を書こうと始まったら~~途中でお手上げ~
もう少し調べないと、最後までまとめられそうもない~。
そこで、もう一度行ってきました。

d0041158_11265788.jpg


ほんとに、滝状に川の流れが落ちているの??どうなの??
今回は、ご主人がいらして、くまなく案内していただけました。
ここが、滝だったのですね。屋敷から川に向かってどんどん降りて行ったら見えた~。

d0041158_11284598.jpg


目の前の二迫川は、勢いよくこの屋敷めがけて流れていた。
集中豪雨や大雨のたびに崖がどんどん抉られているという。

d0041158_11301997.jpg


滝の手前には、蛇籠が長く高く積まれていました。
これは前回には見えなかった~。

d0041158_1132143.jpg


とにかく対岸へ行かねば、滝の上だという証明ができないので、軽トラックで回っていただきました。
なあるほど~~。こういう地形だったのですね。ほんとに滝の上に家が建っていました。

d0041158_11341033.jpg


ワイドのカメラじゃないと、全体が写せないので~二つに分けて~
滝の手前に蛇籠が積まれているのが見えますよね。
これのお蔭で、去年9月の豪雨では抉られなかったですが、
滝となって落ちる川も、下の急流、二迫川も増水して水嵩が増し、避難したそうです。

d0041158_1136244.jpg


川の傍も、海の傍も、景観が美しくて~素晴らしいと思いますが。
少々危険が伴うようで、怖いような所でした。

d0041158_11374716.jpg


帰り道にみつけたフシグロセンノウ~~ホッとしました。


[PR]
by sidu-haha | 2016-08-09 11:42 | 自然 | Comments(8)
滝の上~こんな地名がありました。


栗駒山への道の途中に、いつも気になる地名、「滝の上」がありました。

d0041158_20481839.jpg


地名の場合は、必ずしも滝があるから~というのでもない。
でも、もしや、あるのかな~。そんな気がして調べてみることに。

d0041158_20501847.jpg


d0041158_20522128.jpg


民家の屋敷を流れる小さな川が、二迫川(にのはさまがわ)へ流れ落ちる所が滝状になっていました。

やっぱり滝ノ上かもしれないですね。でもこの川~ものすごい岩盤だった。
しかも、ノロや苔の下は、真っ赤~^。

d0041158_2056301.jpg


少し下流は蛇行していて、上流から運ばれてきた大きめの石がいっぱい堆積している。
滔々と流れる川音を聞いていると、暑さを忘れてしまいそう。
写真を写すには、きわどい所に立つ必要があって~、足がすくんでしまって、怖かった~。

d0041158_20585883.jpg


道の反対側は、崖の山~、きっと道ができるまで、この山は、川へ向かって山裾があったのでは~。
そこへ、車社会になって、開削して広げたように思えた。

タキの地名は、崖を示すことも多いので、地名がつけられた頃には、この山の尾根を歩いていたので、崖の上を歩くということから、滝ノ上の地名が生まれたのかもしれない。

d0041158_2162856.jpg


d0041158_217055.jpg


山は少しずつ、季節が移っているみたい。それでもまだまだ山百合がきれいでした。


[PR]
by sidu-haha | 2016-07-31 21:09 | 自然 | Comments(12)