<   2010年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧
カッパ淵~


遠野では、かっぱの存在がとても大きい~~

民話の中にも出てくるらしいし、遠野には「かっぱ渕」などと言う場所もある~

d0041158_9161510.jpg


さらに近付くと~~こんな具合~~

d0041158_9164944.jpg


どこにカッパがいるのかな~~~どんな顔をしているのかな~~

みんな、一度はかっぱに会って見たいと、淵をのぞきこむ~

d0041158_9181088.jpg


このポールには、カメラが設えてある。右側の突起がカメラです。

みんな、一度でよいから会ってみたいのですねえ~~

なんせ、遠野では、カッパを見つけた人には、賞金が出ると~ガイドの方が話していました。

ただし、本当かどうかは保証の限りではないのですが~~(*^_^*)



にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村

ポチっとお願いします。(*^_^*)


[PR]
by sidu-haha | 2010-05-31 09:21 | 小さな旅 | Comments(20)
水車~とデンデラ野~~



遠野周辺は、とても水のきれいな所です。

d0041158_1832620.jpg


昔はどこでも見られた水車~~水車が回ると、小屋の中では、粉などを搗いているんですよね~

d0041158_1833129.jpg


おほっ~~これは水車ではありま~~せん!!

ふふ、スミマセン(*^_^*)

これはクマガイソウですね~ 源平の昔、源氏と平家が戦った時のこと~~

熊谷直実は、武具の上にさらに母衣(ほろ)をつけて、飛んでくる矢などをはらったそうです。

それに似ているので、クマガイソウなんだそうですよ~~

d0041158_18354616.jpg


ここは、デンデラ野~~昔、遠野では~60歳になると、右手の方の高台に、捨てられたのだそうです。

橋に描いてあるのは、その様子です。この橋から見えるデンデラ野へ、息子は泣く泣く~

母親をおんぶして連れて行ったというのでした。

d0041158_18381152.jpg


柳田国男に遠野の話をした佐々木喜善は、この付近に住んでいました。

d0041158_18392770.jpg


ここにも水車小屋があり~これは、もしかすると、喜善の頃のものかもしれません。

現代は、流通がよくなっているので、全国なべて同じレベルの生活ができていますが、

東北は、冷害や飢餓があったりと~貧しい時代が長かったといいます。

親も子も~~悲しい習慣があったのですねえ~


にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村

ポチっとお願いします。(*^_^*)


[PR]
by sidu-haha | 2010-05-29 18:43 | 小さな旅 | Comments(30)
南部曲がり家~


遠野物語には、「おしら様」(六九)のお話があります。

d0041158_7343858.jpg


そこでは、馬と娘が恋に落ち、反対する父親が馬を殺したところ、

娘と馬は、天へ昇ってしまったというお話があります。

d0041158_738457.jpg


それほど、遠野周辺では、馬を大事にし、家もその馬を守るように棟続きに~

それが、南部曲がり家です。

d0041158_739406.jpg


曲がり家は、茅葺の家がL字型に建てられ、必ず馬の住む馬屋(まや)が隣に続きます。

d0041158_84698.jpg



d0041158_7402345.jpg




にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村

ポチっと、お願いします。(*^_^*)


[PR]
by sidu-haha | 2010-05-28 07:41 | 小さな旅 | Comments(28)
遠野~早池峰神社へ


遠野は、もちろん遠野物語で知られた地でもあります。

でも、遠野は周りを高い山で囲まれた盆地としても知られていて、

中でも早池峰(はやちね)山は、ことさら有名~~頂上には神社も鎮座しています。

その里宮へ、会に参加した人々が、バス3台で参ることになりました。

d0041158_8572114.jpg


里宮のある附馬牛(つきもうし)までの途中~~いま、まさに緑が萌え始めて~

d0041158_85926.jpg


濃淡の緑が、なんとも言えない懐かしさを醸し出しているようでした。

田植の済んだばかりの水張田が緑を映しています。

d0041158_901565.jpg


山門近くに咲いていたラショウモンカズラ~~

渡辺綱が、羅生門で切り落とした鬼の腕に、この花が似ているのだとか~~

d0041158_922157.jpg


山門をくぐると、杉木立の参道~~晴れていれば、この正面に早池峰山が見えるのだとか~

d0041158_941797.jpg


御神木の傍らには、お地蔵さまとお不動様が~~ すぐ傍には、早池峰の湧水が流れています。

冷たくって~とってもおいしいのですよ。

d0041158_954086.jpg


小鳥が飛んでいるように見える朴の木の若葉~~

d0041158_962662.jpg


おお~~珍しい!! ニリンソウの八重咲きです。神様が咲かせてくれたのでしょうか~~


にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村

ポチっとお願いします。(*^_^*)


[PR]
by sidu-haha | 2010-05-26 09:09 | 小さな旅 | Comments(30)
遠野の朝~


遠野の朝は、とてもよく晴れて~~  ホテルの傍の鍋倉城を散歩しました。

d0041158_1481232.jpg


ここは、藩主であった南部氏を祀った神社が鎮座し、舘跡になっています。

朝もやにけぶっていた遠野が、だんだん明るくなって~行き~~登る道道には、

白いコンロンソウが、際立って見えました。

d0041158_1504558.jpg


本丸跡は、草が茂っていて~~歩くと裾がびしょびしょに~

d0041158_1512630.jpg


大きな木が~~なんとも言えず~、遠野の哀感と風土の強調のように立っていました。

遠野には、どこにも、ざしきわらしが遊んでいたり、山の精が遊んでいたりするから~

体で感じることもできたりするそうです~~ ざわざわっと茂みが動いたりすると、

遊んでくれ~出て来たりしているかもよ。なんて、地元の方が話していました。

d0041158_1535979.jpg


ホテルの向かい側は、「とおの昔話村」になっていて、

柳田国男が下宿した建物などが並んでいます。

d0041158_1554351.jpg


昼は観光客でにぎわう通りも、朝は、深閑とした感じで~~

d0041158_1565557.jpg


前日の夜は、通りを歩いていても、あまり人影がありませんでした。

遠野では、昔から、夕暮れになると、早々に家に入る習慣があったといいます。

あまり夕方遅くまで外で遊んでいると、やまんばや山男にかどわかされたりするのだとか~^

寒戸(さむと)の姥(ばんば)は、風の強い日に、突然やってきたりするというお話が、

遠野物語に掲載されています。


にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村

ポチっとお願いします。(*^_^*)


※おかげ様で、研究発表は無事終了しました。最後だったので、時間が押してしまい、
超特急で発表~ちょっぴり~残念でした。
大会の最後には、私たちの会「東北アイヌ語地名研究会」が、「地名研究賞」といただきました。
地名研究の先駆者、柳田国男ゆかりの地で~しかも副賞つきで~~感激でした。
とてもうれしかった~(*^_^*)




[PR]
by sidu-haha | 2010-05-25 02:08 | 小さな旅 | Comments(30)
登山道に菜の花?


仙人峠までの登山道には、ずっと、黄色の花が落ちていました。

周りには、そんな花を咲かせている木々も草もありません~~(*^_^*)

d0041158_621465.jpg


いえ~決して菜の花ではないのです。でも、山にこんな花があるなどとは~

みなさん~、小鳥が運んで来て、落したのだろうか?  それにしては多いね~

などと、いろいろ憶測しながら歩いていました。

d0041158_6235333.jpg


やわやわとした、この葉っぱは、おひたしにしたら~とってもおいしそう~~

(すみません~変な想像をしています。食い気が先に出てしまって~~)

d0041158_624547.jpg


下山途中に~~やっと謎が解けました~~これ~木の花じゃないの~~って!!

上を見上げると~^花についているのと同じ新芽が~~

d0041158_6231299.jpg


そして~^見つけたんですね~~空高く~ずっと上で~~花を発見!!

d0041158_6265991.jpg


ポチポチと見えるのが、花なんです~~ 咲かせていたのは~イタヤカエデでした。

d0041158_6282797.jpg


(友人が手に持ってくれました~~)

この季節に登らないと気付かなかった~~花なんですね。

こんなに可愛い花を咲かせていたとは~~~とっても愛おしく思えて~~

なんて、すてきな~~ そんな思いをつのらせた登山になりました。



にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村

ポチっとお願いします。(*^_^*)


※今日から、三日ほど、岩手県遠野市である「遠野物語100年記念」の行事参加のため、留守にします。

帰宅しましたら、お邪魔させていただきますので、どうぞ、よろしくお願いします。

私も研究発表をしてきます。(ふふふ~^ちょっぴり恥ずかしいのですが~)



[PR]
by sidu-haha | 2010-05-21 06:38 | ミニ登山 | Comments(43)
森の巨人~姥杉


仙人峠には、森の巨人と呼ばれる、大きな大きな杉の木、「姥杉=うばすぎ」が待っていました。

d0041158_43740.jpg


今回の登山目的が、この木の気に触れることだった男性~

御自身は、かなりの御老体に見え、歩くのもやっとで、辿り着いた。

d0041158_45572.jpg


推定樹齢~^900年~~ 昔の人は、この木を目印に秋田へと向かったという。

d0041158_46453.jpg


これが姥杉だから、当然、古い時代には「爺杉」もあったという。

d0041158_49615.jpg


根方で咲き始めたサンカヨウに会う。

d0041158_4101084.jpg


まだ、雪も残っていました。

昔は、この杉の皮を剥いで持ちかえり、家内安全や健康を祈ったという。

だから、木肌は見るも無残で、とても痛々しくなって~

d0041158_4105477.jpg


キクザキイチゲの色違い~~姥杉のお使いのように咲いていて~^

d0041158_4122166.jpg


長い時間を生きて来た杉の木は、無言のままだけど、枝と枝を繋いで~^

今では、一つになっている枝があります。これを連理の枝というそうで、

とても縁起のよい兆候として、ことさら人々から畏敬の念を持たれています。

d0041158_416299.jpg




にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村

ポチっとお願いします。(*^_^*)

[PR]
by sidu-haha | 2010-05-20 04:21 | ミニ登山 | Comments(23)
イチゲやカタクリに~


登山道を登るほどに、標高が高くなるので、当然~^季節は、春へと逆戻り~

d0041158_8432933.jpg


なぜか、ニリンソウだけは、どこまでも、咲き続いていましたけどね。

d0041158_8442475.jpg


またまた、キクザキイチゲに会えました。今年は何度めかな~~(*^_^*)

d0041158_8453878.jpg


こんなにすてきなエゾエンゴサクが咲いていて~~カンゲキ!!

d0041158_8463632.jpg


イチゲとエンゴザクのコラボ~~この斜面~~たまりません。

d0041158_8475160.jpg


ああ~^すごい!!  カタクリが健在だったんです~~うれしいなあ!!

d0041158_8485470.jpg


芽吹いた木々は、こんな赤い新芽を出していました。誰かが、春紅葉って、いうんだよ~と教えてくれた。



にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村

ポチっとお願いします。(*^_^*)


[PR]
by sidu-haha | 2010-05-19 08:54 | ミニ登山 | Comments(29)
シラネアオイの群生が~


ニリンソウの道を、どんどん歩いて登ります。

d0041158_622346.jpg


エンレイソウ~~

d0041158_6235454.jpg


そして、シラネアオイの群生する斜面へ~~感激でした。

d0041158_6243977.jpg


d0041158_6272693.jpg


d0041158_6284551.jpg


ヒトリシズカ~

d0041158_6292641.jpg


栃の蕾~まだまだ固い~

d0041158_6303529.jpg


緩やかな斜面を登り~新緑の道は、まだまだ続きます。

d0041158_6324368.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村

ポチっとお願いします。(*^_^*)


[PR]
by sidu-haha | 2010-05-18 06:34 | ミニ登山 | Comments(33)
仙人峠へ


昨日は、岩手県北上市和賀町にある仙人山の中ほど~仙人峠へ登ってきました。

d0041158_3395551.jpg


平安時代には、平泉を中心に、あの奥州藤原氏が栄えた岩手県ですが、

この山の界隈には、たくさんの鉱山跡があり、この道を、秋田方面へ金などを運んだ古道の一つです。

d0041158_3414697.jpg


登山道の両側には、真っ白のニリンソウが咲き誇って~^感動でした。

このニリンソウの白い道が、目的地の久那斗(くなと)神社まで続いていました。

d0041158_3444977.jpg


新芽が吹き出して~~やわらかな緑が~~

d0041158_3461913.jpg


ミヤマカタバミです。 一気にやって来た春と初夏~ ワクワクするような~~

d0041158_3483525.jpg


これは、チゴユリ~~ 今年初めての出会いでした。

d0041158_3493378.jpg


アオキの花も、満開~~小さな花がとてお愛しくって~~

d0041158_350336.jpg


そして、とっても会いたかった~~オオバキスミレ~~です。

今は亡き、恩師との思い出の花でした。今回は、何度も会えて~最高でした。


にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村

ポチっとお願いします。(*^_^*)

[PR]
by sidu-haha | 2010-05-17 03:56 | ミニ登山 | Comments(27)