<   2011年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧
薔薇の花は、難しいねえ~


たまあにね、隠れ里のような山陰にある、秘密の場所へ~^
いつも、野の花など、とりどりの花が咲いていて~^

d0041158_210428.jpg


草取りに追われながらも、大好きなお花を手入れして~^
姉妹二人で、経営していて~いつ、お店が開いているのか、
ちょっと、アヤシイところもあるんだけどね。

d0041158_2112476.jpg


鰐淵晴子(知っているかな~)のように、目の大きな美人さんのお姉さんと、
水森~なんて、言ったかな~歌手ですが、あの人に似た感じの妹さん~~、
二人なかよく、私のお相手をしてくれます。

d0041158_213212.jpg


この二人とのおしゃべりが~疲れた私の栄養剤になったりしてね。
ハーブティや、お抹茶を出してくれます。
当然~お菓子もね。

d0041158_2143727.jpg


今日の薔薇は、そんなお庭で咲いていたものです。
でも~薔薇を写すって~どうも、苦手ですねえ~ムズカシイ!!


[PR]
by sidu-haha | 2011-06-28 21:07 | | Comments(36)
最上海道~軽井沢番所跡


私の今回の、第一目的は、最上海道を進んで~~軽井沢番所のあった所へ行くことだった。
途中には、何度も、熊の糞があって~^驚いたり、出会ったらどうしようと思ったり~
熊の糞というのをはじめてしりました。
真っ黒で、大量~^どちらかというと、牛の糞を少し硬めにしたような感じ~

d0041158_23304217.jpg


ここは、名月平(めいげつたいら)と言う所で、清水が流れている。
そこへ、下から背負って来た、標柱を立てることになった。
しかし、かなりの岩盤らしく、男性陣は苦心~苦心~
でも、立派な標柱が建ちました。

d0041158_2333793.jpg


冷たくって~とってもおいしい水でした。
ペットボトルを満杯にして、またまた行軍です。
しかし、ここからが大変なぬかるみ~でした。
私は、長靴の上のヘリまで、バッチリ両足がぬかってしまって~~
にっちもさっちも行かなくなったのですが、男性陣の強い力で引き上げてもらいました。
あんなのは、初めてのことです。粘り気のある泥は、すごいですねえ~

d0041158_23353641.jpg


ここが、軽井沢番所跡です。
仙台藩と最上藩の境界まぢかで、かなり寒く雪が深かったようです。
冬は、下界の門沢(かどさわ)と言う所へ下がって暮らしていたそうです。

d0041158_23374528.jpg


草で埋もれた所に、建物の礎石と思しき石や、昔の道なのか、階段になっている所もありました。
わいわい、ガヤガヤ~みんなで探索していた、その時~~

d0041158_23394597.jpg


こちらの方から~^大人が何人もで、おおきな咳払いをするような声が聞こえてきた~~
それが、何度も、何度も~~ビックリしてしまいました。
これが、熊の大声だったのです。
男性陣は、「子連れの熊が近くにいるぞ~~」
「こっちへ、くるな~~って、警告しているんだぞ~^」って~
爆竹を鳴らしたり~^鈴を強烈に鳴らしたり~~
急いで、出発~~ぬかるみを進みました。

d0041158_23425682.jpg


軽井沢の清流そばで咲いていたクリンソウ~~~
でも~~熊が気になって、急いで~~パチリ~^
そうそう~^軽井沢は、水の涸れる沢、水の涸れた沢という意味だそうですが~~
全然そんなことはなかったです。これを確認したかったのです。

d0041158_23444371.jpg


やっと、県境を越えて、天沼(あまぬま)へ~^
モリアオガエルの卵から、オタマジャクシが~~生まれ始めていました。
下の水の中では、赤い腹のイモリが、待っているそうです。
何匹~~カエルになれたかなあ~~

d0041158_23465088.jpg


この道の両側には、たくさんのサンカヨウが~~群生地なんですねえ~
大きな葉っぱに、可愛い白い花~~感激でした。

d0041158_23501993.jpg


やっと、山形県尾花沢市の上ノ畑番所跡へ到着~~~
もうすぐ、あの、銀山温泉です。
途中で、左腿がつって~しまって、お騒がせしたのですが、
親切な男性が、リュックをずっと背負ってくれました。
おかげで、無事に到着~~素晴らしい海道の旅でした。
お世話して下さった方々に感謝でした。
もう、二度と行けないかもしれないなあ~~(*^_^*)
貴重な山歩きの旅でした。


[PR]
by sidu-haha | 2011-06-25 23:58 | 自然 | Comments(37)
最上海道をゆく~~


去る6月12日~~旧小野田町の漆沢から、山形県銀山温泉入口までの
古い海道を歩くと言う会があり、一緒に連れて行ってもらいました。

d0041158_1858643.jpg


皆さん、山の達人のような方ばかりで~~初めから、不安がつのってしまいました。

d0041158_1859710.jpg


初めから、急坂~~ゆっくりと行くからね~~とは、先頭さんの言葉~
気負って歩いているうちはよかったのだけど、どんどんきつくなって行ってね~
でも~~頑張って、ついて歩きました。(*^_^*)

d0041158_191427.jpg


どんどん緑が美しくなっていって、とっても気持のよい道~
一度、歩いてみたかった道でした。

d0041158_1921344.jpg


コツクバネソウの花が咲いていたのだけど~ピントを合わせている暇なし~^
みんなに附いていくだけで、精一杯なんです。

d0041158_1933883.jpg


ああ~^こいづ~なんだああ~~~
おがしなのがあっと~~

d0041158_195740.jpg


どれどれ~~ああ~~これ~^ギンリョウソウだねえ~^
と知ったふりをして、カメラを向けて~
この時だけは、しっかり撮影しました。(*^_^*)

d0041158_196734.jpg


すこしは、高く登って来たかな~~と私。
いやいや~^まだまだ、ほんのちょっぴりだねえ~と先頭さん。
ええ~~疲れたなあ~(内心思っていました)

d0041158_1973815.jpg


やっと高畑峠へ到着~~
ここで男性陣は、うずもれていた石碑を掘り起こす作業~
その間、私はカメラを向けて、少し、ほんとしていました。

d0041158_1993760.jpg


掘ったのは、二基~^江戸時代末期の年号が刻まれていました。
この道は、出羽三山詣りの人たちが歩いた道なんだそうです。
だから、石碑は、ほとんど出羽三山にゆかりのある石でした。
現在、この道は使われていないので、長い時間の間に倒れたのがうずもれてしまったのですね。

道は、まだまだ続きます。くまさんにも会ったりして~~(*^_^*)ふふふ^-^



[PR]
by sidu-haha | 2011-06-23 19:14 | 自然 | Comments(22)
元滝~~


鳥海山麓には、瀑布だけではなく、たくさんの滝~~がある。
鳥海山のすべての水が、滝となり、川となって、投げれ落ちているということだろうね~
今回も、いくつかの滝を撮影するために、立ち寄った。
ここは、象潟市内になるが、元滝と呼ばれる滝~~

d0041158_20144436.jpg


これまでより、少し季節が遅かったせいか、周りの緑が、とてもさわやかで~
それでなくとも、清涼感いっぱいの滝が、ことさら美しく感じられた。

d0041158_20174055.jpg


何度着ても、腕の方が、もともと自信なし~なので、もう、ぶれてばかり~~

d0041158_2019771.jpg


たまに、変な人~というか、私たちが勝手なことを言っているのだけどね。
みんな、カメラを並べて~~この滝を写そうとしている。
それに、邪魔はり(こちらの方言で、邪魔をすること)する人がいて~~

d0041158_20211626.jpg


川辺まで、下りていってね。じっと、座って動かなくなる人がいたりしてね~~
これは、もう、お手上げでしたねえ~~
しょうがないから、全然違う場所へ動いて、川面を写したりして~
みんな、苦笑い~~ふふふ、楽しみ方もいろいろありますよね~

d0041158_20235717.jpg


それでも、そう言う人が、どんどん入れ替わって~~
まあ、私たち以外のカメラマンも、それなりに、この自然を楽しんで~~

d0041158_20253176.jpg


おかげで、とても楽しかったなあ~~
自然って、ほんとに、いいねえ~~ダアイスキ~~(*^_^*)


[PR]
by sidu-haha | 2011-06-20 20:29 | Comments(29)
鳥海山~


去る6月8日~~写真の仲間に、鳥海山へと連れて行ったもらった。
宮城と秋田の境界を越え、国道108号を由利本庄市方面へと向う。

d0041158_625128.jpg


リンゴの花でしょうか?
ちょっと、違うようにも見えるのですが、優しい花にうっとり~

d0041158_645421.jpg


植えたばかりの早苗がとても美しい水田~~
この付近は、茅葺屋根の家が多かったが、時間がなくて撮影不能~
いつか、もう一度やって来よう~~ね。

d0041158_655652.jpg


レンゲツツジの花も、とても色鮮やかに咲いている。
空気が澄んでいるからでしょうか?

d0041158_671069.jpg


標高が高いからでしょうねえ~~
季節は、かなり遅くめぐっているようでした。

d0041158_681398.jpg


それでも、ちゃんと、初夏の花も咲いていて~^
何度も季節を楽しむことができそうです。
映り込む鳥海山に~~うっとりでした。
同じ季節に、今回で、この場所へは3回目~~
こんなに美しく鳥海山が見えたのは、初めてでした。


[PR]
by sidu-haha | 2011-06-18 06:11 | 自然 | Comments(34)
震災から、まもなく百ケ日~~


まもなく、東日本大震災、3.11から、百ケ日がやってくる。
宮城県南三陸町は、町の施設や職員が多数被災した。
「津波が来ます。急いで逃げて下さい。」と、叫び続けた女性は、
この瓦礫と化した施設の二階から放送していたという。

d0041158_1021446.jpg


ここは、防災対策庁舎だった。
最上階の上に、たくさんの浮き玉が残っている。
津波は、この三階建ての施設を、楽々と超えて、山手まで遡った。

d0041158_104715.jpg


庁舎の前に、供えられた供養の花や塔婆、そしてシャツに書いたメッセージや千羽鶴~^
言葉らしい言葉を発することができなかった。

d0041158_1063881.jpg


アパートの屋上に残る乗用車~~
当然、津波が運んで来て、残していったものだ。
ここに生活していた方々や、子供たちは、どうしたろう~^
逃げることができたろうか。

d0041158_1082771.jpg


何もなくなった瓦礫の中で、健気に咲いていたクリンソウ~~
ここの家の方が愛でていたのでしょうねえ。
塩害に絶えて、きれいに咲いていた。まるで、主の供養のように~。

d0041158_10101929.jpg


海の上にかかっていた歌津大橋は、橋脚のみを残し、寸断されていた。
左端の方に写っている人は、実況中継中のseaserさんです。

d0041158_10123659.jpg


残っているのは、このようは橋脚の、ほんとに足だけ~
どんな戒めだったのだろうか。
だれも、だれも、一生懸命生きていたのに~
なぜ、こんな惨い目に~あわなければならかったのか。

d0041158_10145536.jpg


「ここに、家があったんだ~~。隣りの人は、全員、津波に連れていかれた~~」
と、ただひたすら、もつれた綱と網をほぐしていた。

こんな人たちが、どんな思いなのか、心を探ってほしいと思う。
おれがトップだ!!
いや、おれらの方がトップだなどと、争っていないで、
はやく、速く、手を差し伸べて欲しい。
おねがいだから~~
着の身着のままで逃げた人たちは、季節が移って行くというのに、
まだ、靴は、逃げた時のまま、裸足で逃げた人もいるんだよ。
みんなの叫びを、実感してほしい。

d0041158_10205546.jpg


春から、幼稚園へ通う予定の幼子のものだったろうか?
使われることのなくなった箸箱~
この持ち主の子は、どうしただろうか??
姿なき子供の声が聞こえてくるような気がした。


[PR]
by sidu-haha | 2011-06-15 10:27 | 東日本大震災 | Comments(33)
3ケ月になりました。


三陸海岸は、どこへ行っても美しい景色満載でした。
大好きな、大好きな古里の景色です。
観光や調査のためにも、何度も何度も足を運び、地元の方々からたくさんのことを教えていただきました。

d0041158_23395228.jpg


ここは、気仙沼市名足(なたり)の浜です。
新聞連載の原稿を書くために、幾度行ったことか~
とても優しい方々の住む浜で~親切にしてもらったなあ~~

d0041158_23422160.jpg


それが、今回の津波で~~このようになってしまって~~
鉄骨の家が一軒~~まぼろしのように残っていました。
この建物は、上の写真の右手後の建物です。
震災前の写真は、2006年にお邪魔した時のものです。

d0041158_23453669.jpg


ここは、海産物の加工場でした。
女性がたくさん働いていて~イケメンの社長さんに、商品をご馳走になってね。
とってもおいしかったです。

d0041158_23472891.jpg


このお地蔵様たちは、明治29年や昭和8年の大津波で亡くなった方々を供養していました。
そして、その傍には、大きな石碑が~~

d0041158_2349077.jpg


「地震があったら津波の用心、 津波と聞いたらすぐにげよ」
ご先祖さまからの、尊い教えが刻まれていました。

d0041158_2351465.jpg


津波がやって来ないと信じていた高台にあった筈なのに、
お地蔵様たちは、傷つき、倒れ~ すぐ隣の家並みも、瓦礫と化していました。

d0041158_23525080.jpg


教えを伝えていた石碑は、こんな風に倒れてしまって~~
津波は、ここからさらに奥の方まで、入り込み~痛めつけてくれました。

d0041158_23535780.jpg


お地蔵さまたちは、どんな思いで、今回の津波の傷跡を眺めているのでしょう~
あまりにも、痛々しく、惨い~ありようでした。

d0041158_23552638.jpg


幾度も、津波の怖さを味わったと、御爺さんが話してくれました。
おじいさんの立つ、丁度正面の三差路に建っていたお宅は、
津波が怖いからと浜の方から、この高台に引っ越したのだそうです。
それなのに、家は跡かたもなく、ご家族は、さらわれてしまったと~~

d0041158_23574890.jpg


すでに、3ケ月が過ぎんとしているのに~~
このような船でにぎわう浜は~ いつ、見られるのでしょう。
どうか、政治家さん~~事を進めて欲しいのです。お願いします。
東北人は、我慢強いなどと言わないで下さい。
もう、壊れそうなのです。大きな声で、叫びだしたいのです。


[PR]
by sidu-haha | 2011-06-11 00:06 | 東日本大震災 | Comments(44)
3ケ月が過ぎて~


3月11日の東日本大震災後、たくさんの方々に温かなお言葉や物資などの御支援をいただいております。
心より感謝申し上げます。ありがとうございます。


今回、初めて、気仙沼市や南三陸町方面へ足を運ばせていただきました。
道案内には、 seaserEOSさんにお世話になりました。
久しぶりでお会いした seaserさんも、車を流されたり、直接被災され、
お母様とお二人、寒い避難所で、一週間を過ごし、その後に自宅へ戻ることができたそうです。

d0041158_12102345.jpg


国道346号を旧本吉町へ入ると津谷になります。
そこへ入った途端に、これまで見たこともない変わった姿に~^
息をのむばかりでした。

d0041158_12191924.jpg


何度も通ったことのある一帯が、こんな風になっていようとは~~
こんなに上流まで、津波がやってきたのだとは~~~~

d0041158_12221162.jpg


ここは、小泉地区と呼ばれ~壊滅状態でした。
まるで原爆を落とされたように~~焼土のような~~
すさまじい波の威力を思い知らされました。

d0041158_12253664.jpg


奥の方に、破壊されたJR気仙沼線と、その上に屋根の一部など破壊され瓦礫が乗っています。

d0041158_12311086.jpg


破壊された線路~~ 下を歩く復興に働く方と比べると~^
津波は、こんなに高くやって来たのですね~~


d0041158_12331490.jpg


津波が壊した集落跡~~左手の方に、寸断されて痛々しいJR気仙沼線が見えます。
集落には、900人ほどの方が住んでおられたそうですが、
みなさん、右手正面に見える高台に避難されて、ご無事だったそうです。
ホッとしました。
一軒の家も見えない様子に、一番先に思ったのは、住民の方々の行方でした。

d0041158_12365178.jpg


普段は、優しい古里の流れが、津波の道になり、あふれた津波は、
周りを飲み込み、怪獣のごとく、何度も襲って来たのです。

被災された方々は、まだ水道も復旧されておらず、当然家もないまま~
仮設住宅ができるのを待ち、心沈みがちな日をすごしておられます。


[PR]
by sidu-haha | 2011-06-09 12:41 | 東日本大震災 | Comments(34)
これも花~


花嫁さんの前撮りがありました。
私もお相伴させてもらい、何気に変化していく様子を、パチッパチり~

d0041158_9342856.jpg


まつ毛をつけて、アイラインをひいて~どんどん美しくなるお嬢さん~
ういういしさが、とても愛らしくって、可愛い!!

d0041158_9355393.jpg


いよいよ記念撮影のスタジオヘ~~しずしずと~~かな~~(*^_^*)

d0041158_9384067.jpg


なかなかのバックシャン~~  ほっそりとしたうなじの、とてもきれいな女性でした。

d0041158_9401530.jpg


若いって~^ウラヤマシイ!!

d0041158_9413661.jpg


とっても幸せ気分が満ち溢れてきますね~

d0041158_9423057.jpg


[PR]
by sidu-haha | 2011-06-04 09:43 | | Comments(27)
キスゲ~


雨の日が続くこの頃~昨日は昼ちょっと前は、少しお日様が出てくれました。

d0041158_9111990.jpg


我が家のあるエリアには、キスゲがたくさん咲きます。
地元のみんなが、楽しみながら守って来てくれたのでしょうねえ~

d0041158_9124726.jpg


昨年は、うまく時間が会わず、撮影できなかったので~~
今年こそは~と、散歩がてら、行ってみました。

d0041158_914888.jpg


一般には、ニッコウキスゲと呼ばれますが~~
我が家の方は、広長と言う地なので、ヒロナガキスゲ~なんて、呼んでみたい気がします。

d0041158_9153910.jpg


ちゃんと、下草を刈って~~道も手入れをして~
誰でも、鑑賞できるようになっています。

d0041158_917443.jpg


秘密のポイント~かもしれませんね~
大事に大事に守られて~美しく咲いてくれたキスゲ~

d0041158_9182035.jpg


マムシグサも~お相伴です。何気に花色が鮮やかなような~
雨の晴れ間の散歩は~~楽しかったなあ~~

d0041158_9195074.jpg



[PR]
by sidu-haha | 2011-06-02 09:21 | | Comments(27)