<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
餅つき~~(^o^)


ちょっぴり時間が過ぎたけど、三連休の最終日~
栗原市志波姫へと出かけた途中でのことでした。

d0041158_8523474.jpg


途中の空では~^こんな楽しそうな光景に出合ってね。
車を止めて、カメラを向けたら~すでに、はるか向こうへ行っていて~ショック!!

d0041158_844499.jpg


お店のない地に行くので、おやつを買おうと入った産直市場で~
ふふ、餅つきをやっていたのでした~~ニコニコです。

d0041158_8455738.jpg


もうすぐ、つきあがるから、待ってらいねええ~と言ってもらってね。

d0041158_846559.jpg


つく人も、とっかえす人も昔の美男美女たち~でした。

d0041158_847399.jpg


ホラよっと~~待っていた人に、ひょいと渡して~^

d0041158_8483928.jpg


待っていた美人さんたちが~~小さくちぎって~味付けをしてくれた。
私は、アンコでしょう。それから初めて、山葵餅をいただきました。
これが、香りがよくって~とっても美味しいのねえ~~。

d0041158_8503370.jpg


志波姫は、震災でもあまり被害の少なかった所なので、こうした歴史ある家も大丈夫~
おかげさまで、夕暮れまで~ばっちりと歩いて来ました。
感謝でしたねえ~。(夕食もあまり必要がなかった)


[PR]
by sidu-haha | 2012-11-27 08:53 | 自然 | Comments(19)
秋の形見~


11月になると、薬莱山周辺はぐっと秋が深まり、山の紅葉も終盤でした。
以前、バラの花をアップしたガーデンの花も~霜にあたって~かわいそう~

d0041158_17105157.jpg


これは、秋というより、春に咲く芝桜~それでも、頑張って花を咲かせて~偉いよね。

d0041158_17112173.jpg


チャペルの辺りも、こんな感じ~~冬支度ですね。

d0041158_17115835.jpg


それでも、花は、ひたすら自分の生を咲かそうとしているようで~
つぼみがとってもきれい!!

d0041158_17124916.jpg


こうして傷まないで咲いているのが不思議な感じのガーデンでした。
この日は、小春日和というのでしょうか。風もなく、穏やかな日差しでした。

d0041158_17134915.jpg


やっと、海の方から解放されて、山の方へ行けるようになったのに、
既に秋も終わりかけて~
そんな日の一日、久しぶりに友達三人で、ドライブ~
とても気持ちが晴れやかになり、楽しい時間を過ごせたのでした。



[PR]
by sidu-haha | 2012-11-21 17:16 | 自然 | Comments(15)
山のレストランで~岩手・宮城内陸地震


2008年6月の岩手・宮城内陸地震で、大きく被災した耕英地区~
人々は、ひたすら復興~に向けて前進中でした。

d0041158_7201637.jpg


ここは、標高が高い所で、戦後開拓に入り、ふる里の地名をもじって耕英とつけたのだとか。
その開拓農家の初代が築いた家をうまく利用して、レストランを経営されている方がいました。

d0041158_7215928.jpg


イワナを養殖しておれれることから、レンチもイワナ定食~
イワナづくしのメニューに、ビックリというか感激でした・

d0041158_7231989.jpg


これは、イワナの卵~^プチプチしていて、とっても美味しい~

d0041158_724116.jpg


イワナの甘露煮です。時間と手間がかかっているのでしょうねえ~^
奥様、自慢の料理だそうです。

d0041158_7252327.jpg


イワナを炭火で焼いたもの。上にのっている味噌は、ばっけ味噌(フキノトウ味噌)~
とっても美味しかったですねえ~(^o^)

d0041158_7285093.jpg


極め付きがこれ~~イワナの刺身だそうです。
初体験でした。とっても美味しんですね~^いっぱい、いただいてしまいました。

山では、こうしたイワナの養殖が盛んで、地震の後は、しばらく大変だったそうです。
でも、こうして、再び、レストランが始められて~ほんと、うれしかったですね。

d0041158_731135.jpg


レストランの周りでは、紅葉が盛り~良い時間をもらいました。

写真がぶれていますが、ご容赦を~(^o^)


[PR]
by sidu-haha | 2012-11-15 07:33 | 自然 | Comments(28)
霜月神楽~へ


11月7日、朝早く出かけて、秋田県大曲市へ向かいました。
途中の東北道は、真っ赤に燃えた蔦や、山々が燃えて、とても美しかったですねえ~
北上から秋田道へ入ると、そこは、晩期を迎えた山の紅葉が、雨の中に~

d0041158_7345258.jpg


湯田付近で、工事中のために、15分ほど止められた際、コンデジで写した山~
この道は、ブナの山が多いので、黄色に燃えているのが多く、
目にも優しくって~とてもよかったです。

d0041158_7374297.jpg


この付近まで晴れ~でしたが、横手間近からは、ひどい降りようになってしまいました。

7日の夜は、夜を通して行われた保呂羽山にある波宇志別(はうしわけ)神社の霜月神楽を見せてもらいました。

d0041158_741462.jpg


これは、翌朝早くに写した会場入り口の様子です。

国の無形重要文化財になっているそうで、見学者は会場いっぱいです。
特別に作られたらしい二間四方の神楽殿で、一時の休みもないようにして
神楽が舞わり続けられました。

d0041158_7432952.jpg


しかし~写真は、あまりに動きが激しく、ブレブレ~~全然ダメでした。

d0041158_7435484.jpg


これは、山の神舞の道具を受け渡されているところ~この辺は動きがないので、よかったのですが~

d0041158_7453740.jpg


見ていた私たちは、感激感激だったのですが、
ぶれていますが、その様子を少しお届けしますね。
雰囲気が伝わればと思います。

d0041158_7471317.jpg


これは、剣の舞です。剣を受け渡されています。
これは、二振りの真剣を使って踊るのでした。

d0041158_7482563.jpg


真剣は重いのと、危険なので、踊る人は、きっと大変だったろうと思います。
踊り終わってから、お聞きしたら、狩衣を切ってしまったと、
刀に刃先の形に切れた袖を見せてくれました。
「恥ずかしいんだよねえ~」と照れ臭そうにしてね。

d0041158_7512330.jpg


8日の朝には、特別な食事をごちそうになり、みんなでいただきました。
それから、雨の中を宮城の自宅まで帰り、大雨だったので、休み休み帰宅しました。
すごく疲れてしまって~昨日はPCを開くのができなくって~
今朝になりました。

秋田道や東北道の両側は、最後の紅葉がとてもきれいだったのですが、
いかんせん、大雨、しかも土砂降りで~チラッと眺めては、ひたすら~運転でした。

d0041158_7525819.jpg


最後、家間近で、やっと晴れて~虹が~~まどの汚れが写っていますが~すみません。




[PR]
by sidu-haha | 2012-11-09 07:54 | Comments(17)
紅葉の中に見えた自然崩壊~



2011-3-11、東日本大震災も大きな災害だったが、
その3年前、2008-6-14~山手の方で、岩手・宮城内陸地震が起こった。
一番後ろに見える稜線は、栗駒山で、その手前の一番奥の崖は、140mほどの高さで
崩れたそうです。そして、中ほどに見える青い所は、荒砥沢ダムです。

d0041158_18242737.jpg


荒砥沢では、東京ドーム何個分もの広さで、自然崩壊した。
チャンスがあって、その様子を若者たちに案内してもらった。
上の写真は、遠景です。上の写真の一番奥へ、次に向かいました。

d0041158_18265213.jpg


山は、こんなにきれいに燃えていたのに、現地は、なんと無残な状態に~
写真の手前は、一枚目の一番奥の、崖の上になります。
この写真の、ポコンポコンと右にいって、へこんだところに、白いのが下がっているのが見えますか?
これは、道路が寸断されて、ガードレールが下がっているのです。
崩壊は、右手にまだまだ続きますが、一度には写せませんでした。

d0041158_1829251.jpg


少し広く写してみました。
左にガードレールが下がっていますが、その続きは、右手の崖の中ほどに、
白くゼットのようになっているのが見えるでしょうか。
約300m以上、動いています。右の岩肌だけの三角に見える下の方に、
木々が滑って落とされていますが、あれが、あの三角の山の上にあったものです。

d0041158_18332396.jpg


これが、たった5分で動いたのだそうです。
ものすごい力ですねえ~
あの三角のような山は、手前にもあるのですが、
高さがたりなくて、写せませんでした。

山は、こんなに美しいのに、錦の衣を着るのを忘れずにいてくれたのに、
この様子を見て、人の力って~どうなんだろうって~つくづく思わされました。

それでも、自然は、また、再生していくのですねえ~
私たちも、負けずに、頑張らないとね。そう思いました。


[PR]
by sidu-haha | 2012-11-01 18:42 | 自然 | Comments(22)