<   2012年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
よいお年を~


何かとせわしない一年だったように思います。
更新もあまりままならず~ご迷惑ばかりおかけしました。
御付き合いいただいた方々に、心より感謝しております。
ありがとうございます。

d0041158_37145.jpg


東日本大震災から、一年九ケ月~  寒い季節になり、
人々はいろいろな葛藤と難問に向かっているようですが、
皆様のおかげで、ここまで来ることができました。
暖かなお心を、ありがとうございます。

d0041158_393417.jpg




※津波被災後の各地を調査に歩いて、一年半、宮城県内の被災地の地名を本にしてもらいました。

http://www.kahoku-ss.co.jp/chimei1.html

d0041158_3134688.jpg



編集の方々は、原稿を送ってからわずか二ヶ月半ほどで、
こんな風に出版してくださり、心から感謝しております。

d0041158_3144416.jpg


もし、読んでもみたい、読んでもよいかなと思われましたら、
ぜひ、私の方へ、ご連絡下さいませ。
お待ちしております。

d0041158_316284.jpg


この一年、暖かなメッセを頂戴し、心から感謝しております。
ありがとうございました。
皆様、どうぞ、よいお年をお迎えくださいませ。


[PR]
by sidu-haha | 2012-12-29 03:19 | Comments(29)
シクラメンの香り~かな


先日、宇南を歩いた後、摩利支天が祀られているというお社へ行きました。

d0041158_2111936.jpg


摩利支天(まりしてん)とは、陽炎(かげろう)を神格化した女神様なんだそうですね~
しかも、猪に乗っているのだそうです。さらに、武運の神だそうで~イメージとは違っていました。

そこでお会いしたおばあさんが、大きな鉢植えのシラクメンを見せてくれました。
御嬢さんが東京から送ってくれたのだそうで、コンデジで写させてもらいました。

しかし~~、どのカメラを探しても、どのカードを見ても、一枚も写っていない~~
不思議なことがあるもので~~陽炎の神様に、隠されてしまったのかどうか~

d0041158_2115242.jpg


それで、どうも、気になって仕方がないので、友人が育てているハウスへ~
シクラメンの花を写させてもらいに行って来ました。

d0041158_21172027.jpg


今年は、昨年と違う咲き方の花の種を蒔いたそうで~私はこれがお気に入り~

d0041158_211885.jpg


ウサギの耳のような花が~とってもかわいいですよね~とは自分だけの思い込みですが。

d0041158_2119492.jpg


少し、アップに写してみました。

d0041158_21193888.jpg


帰りに~鉢を二つもらって~帰ってきちゃいました。
まるで、泥棒ですね。

d0041158_21195969.jpg


おかげで、シクラメンの妄想からも解放されて~部屋の中では、明るく咲いている花にメロメロ~


d0041158_21213541.jpg


写した筈の花は、どうしたのでしょうね。きっと、知らないうちに消去しちゃったのだろうなあ~!(^^)!


[PR]
by sidu-haha | 2012-12-14 21:23 | | Comments(24)
冬の前に~


あちこちから雪が降ったと聞こえて来るようになりましたねえ~
縮こまってばかりいると、融けてしまいそうなので~志波姫(しわひめ)という街へ~
もしかしたら、美しいお姫様にお会いできるかな~!(^^)!

d0041158_7411079.jpg


かわいい落ち葉が出迎えてくれました。
宇南という集落を歩いていたら~柿の皮を干しているお宅がありました。

d0041158_7422722.jpg


昔はどこの家でも干し柿を作って、その皮を干して漬物に入れるのでしたね~

d0041158_743339.jpg


そんな懐かしい光景に出合えて~気持ちが実家にいた頃に戻る感じ~

d0041158_743588.jpg


ほら~別のお宅では、大根を洗っていました。
冷たいのになあ~とは思うのですが、懐かしい光景です。
いろいろお話をお聞きして~この宇南には、ウナギを食べないという禁忌があることを
話してもらいましたよ。

d0041158_7455470.jpg


これが宇南神社です。森の中でひっそりと鎮座していました。
ウナン・ウンナンなどの地名はウナギや田んぼの畝に関係しているのだそうで、
宮城県や岩手県に多い地名なんだそうです。

d0041158_7472965.jpg


この付近は、ほとんどが同じ苗字の家で、大根を洗っていたお宅のご本家は、
まるで、お城のような家でした。
そのお宅の長屋門の前には歴史を感じる木々が植えられていて、ドウタンがとてもきれいでした。


[PR]
by sidu-haha | 2012-12-05 07:50 | 自然 | Comments(21)