<   2014年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
防災の日~~


9月1日は、防災の日ですね。
広島の地すべりは、死亡された方があんなに多くなってしまいましたね。
それぞれが自助・共助で、自然災害や火事などに気をつlけないとならないのでしょうね。

d0041158_20573666.jpg


ここは、街そのものにはあまり高い所はないのですが、
この標識のたっている地は、貝塚や古墳の続く地です。

d0041158_2057507.jpg


はるか昔の盛り土ですが、いつ崩れるかわかりませんよね。
東日本大震災では、この防壁の造られたお宅では大丈夫でしたが、
すぐ隣の家からは、建物が傾き、この並びに住んでいたお宅では、土砂崩れになりました。

d0041158_2101112.jpg


街に相談したら、住民全体から声が上がれば処置を考えるとの答えだったそうですが、
この防禦壁のあるお宅の人が、自分の家は大丈夫だからと賛成しなかったために、
結局、なし崩しになったようです。



古墳の前にある公園は、避難場所に指定されていますが、
洪水などではよいかと思うのですが、2011年のような地震がまた来たら~
どうなのでしょうね。心配です。

d0041158_2151093.jpg


誰もがよい方向に~と思うのは、自分勝手なことなのでしょうかね。
何事もなく~災害ができるだけ~おきないようにと願いたいと思いますね。


[PR]
by sidu-haha | 2014-08-31 21:07 | 自然 | Comments(13)
もうすぐ~黄金色になるのですね。



この度の、広島での災害で被災された方々に、心よりお見舞いを、
そして、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたします。
もう、このような災害が起きないようにと願っております。


ここのところ~睡眠不足~~ずっと本の編集をしていました。
もう、目の底が苦しい~~(なんですかね、初めから泣き言を言っています)

d0041158_9364846.jpg


陸奥国小田郡涌谷から金が出た~~と大騒ぎになったという地が、
我が家のすぐ近くの街になります。
そこにはこんなバス停が~~なんだか、自然と頬の筋肉が緩むような気がしてきますね。

d0041158_9391572.jpg


産金の地には、黄金山(こがねやま)神社も祀られています。

d0041158_9392391.jpg


参道を歩いていると、かの大伴家持が詠んだという歌が記された石や石碑もあります。
「すめろぎのみよさかえんとあずまなる みちのくやまにくがねはなさく」
どっかで習ったことのある和歌ですね。

d0041158_941295.jpg


ほら~^黄金色の蝶も飛んでいました。(かなり無理がありますね)

d0041158_9421687.jpg


ここから、ぐるっと裏手の山の方へ回って行くと、黄金橋がありました。
附近には「みよし堀」と呼ばれる、金鉱石を掘りだした大きな穴があちこちにあります。
深さは、人が三人から四人位縦に並んだくらいの深さですので、かなりでっかい穴ですね。

d0041158_9443524.jpg


今は、杉林になったり、壊されてしまった所もあるようですが、標柱だけは立っていました。

d0041158_9454535.jpg


バス停の附近は沢沿いに水田になっています。もうすぐ黄金の穂波の海になります。
やっぱり黄金の里でしょうかね。

d0041158_9474462.jpg


こんな空も見えました。静かな山里ですが、当時は百済からやって来た人たちが
金を探してあちこちを歩いていたようです。
そんなに金が欲しかったのには、奈良の大仏に塗るためでした。
それまでどこからも国内では金が産出されていなかったそうです。


[PR]
by sidu-haha | 2014-08-24 09:54 | 自然 | Comments(26)
わらじまつり~


d0041158_9231356.jpg


子わらじが、次々と運ばれてくる。
わが故郷には、大きな入海だった品井沼(しないぬま)があった。
その沼を江戸時代から干拓で埋め、現在は全てきれいな水田になっている。
その功労者であった鎌田三之助が村長時代に、どこまでも草鞋を履いて出かけては政務にあたったそうだ。
その遺徳をしのんで毎年わらじまつりが拓かれる。

d0041158_92650100.jpg


これが先頭の大わらじ~乗っているのは、なぜか、知人の子だった。
この草鞋を先頭に、各集落ごとに技巧を凝らした子わらじが続く~。
まあ~わらじのパレードみたいなものですね。

d0041158_929219.jpg


これは、そのわらじ村長を飾ったわらじ~
子供が少なくなってしまった集落では大人たちが助っ人で担いでいた。

d0041158_9311765.jpg


美女たちも鹿島台音頭を踊って~~イキイキしていて、見ていると嬉しくなる。
(なんせ、望遠で写していたので、気づかなかったが、知人の姿が写っていて、びっくり)

d0041158_9323910.jpg


これまでは、国道を止めて、街の中をパレードをしていたが、事故につながると
今年は、野球場を選んだのだとか、ちょっとミョウチクリン~

d0041158_9345492.jpg


工夫を凝らした御輿を担いでいる集落には賞が出た。これ一位の集落~
たぶん、勤勉とか大水や洪水で苦労した様子を絵にした努力が認められたのかな~

d0041158_9364153.jpg


正面から見るとこんな感じ~~
小川閘門(おがわこうもん)というのは、干拓時には大きな水門が設けられていた。
そして沼の水は、サイフォン式に松島湾へと方向を変えて流されている。

d0041158_939326.jpg


こんな姿の方もいた。これは三之助の姿をまねている。
このような姿で、国会へも出かけたのとか。三之助は参議院議員でもありました。

d0041158_9404566.jpg


久しぶりでふる里の祭りを見ました。夜は花火大会があり~故郷へ戻って来たご先祖様を供養~
前線の影響で、あちこちで災害が起きていましたが、ここでは大丈夫~
たまには、こうした場に出会うのも、好いのかもしれませんね。


[PR]
by sidu-haha | 2014-08-18 09:49 | 祭り | Comments(18)
あさがお~


毎年、友人から朝顔の苗をいただく。今年も頂戴した。
それが、今年は意外に成績よく咲いてくれて~朝がとても楽しみ。

d0041158_1835919.jpg


今朝は、特別目立つ花が咲いた~~花の大きさもでっかい~
友人のお宅では咲いただろうか。早速メールで添付して送信。

d0041158_1852559.jpg


上に咲いている青い花は、普通の小さめの朝顔~ピンクのは白い所もあって、目をひく。

d0041158_1871274.jpg


葉っぱが邪魔で開けないでいたので、少し葉をとってやった。

d0041158_1881122.jpg


今年は白い花が多く咲いてくれる。ちょっとボケっぽいけど、お許しを~

d0041158_1885945.jpg


これは、下に下がって咲くということでいただいたのだけど~やっぱり蔓は上に伸びたいらしい。
小さめの可愛い花が次々と咲いてくれる。嬉しいねえ。
d0041158_18102857.jpg


夏には、やっぱり、朝顔が似合いますね。友人に毎日感謝~~です。


[PR]
by sidu-haha | 2014-08-14 18:11 | | Comments(16)
仙台七夕最後の日~


暑い日が続く中~友人と仙台へ~
用事が済んだ後で、七夕を少し見て来ました。

d0041158_225236.jpg


先ずは、仙台駅構内の歓迎飾り~~電車はすごく混んでいました。
お子様連れが多く、ベビーカーに乗った子や抱っこされているお子さんも~

d0041158_228621.jpg


たくさんの千羽鶴~~折るのが大変だったろうなあと思いながら~

d0041158_235184.jpg


d0041158_2372632.jpg


d0041158_2393523.jpg


これは、豪華賞という賞がついていました。手を尽くしているのが賞に入っているようでした。

d0041158_2412884.jpg


d0041158_2433112.jpg


これは、優秀賞だそうです。作るのが大変だったろうなあと思ったものです。

d0041158_2441443.jpg


これはとてもきれいで、優秀賞と銀賞がついていました。
審査した所が違うのでしょうね。さすがにきれい~。

それにしても人が多く、頭や顔を入れないで写すのは至難の業でした。

d0041158_2461435.jpg


これも優秀賞でした。


[PR]
by sidu-haha | 2014-08-09 02:48 | 仙台 | Comments(24)
探訪会~


真夏の暑さ~~そこのけ~とばかりに仙台の外れの方をみんなで歩いてきました。

d0041158_7263654.jpg


始まりは、榴ヶ岡天満宮~~雀踊りの行列が歩くというので、
盛り上げたい助っ人に、お神輿が仲間に加わるそうで~
こんなカッコいい法被を来た人たちにあいました。
参道入り口の階段で、参加者たちにまざって~記念撮影をしました。

d0041158_7302286.jpg


先ずは神輿堂に手を合わせて、法被姿のつわもの達が外へ出します。

d0041158_7322947.jpg


偶然出会った生の神輿様に、参加者は感激しながら様子を見ていました。

d0041158_7331246.jpg


昔の二十人町入り口付近です。すぐ傍には鉄砲町もありました。

榴ヶ岡から原町周辺は、昔は、海へ向かった原野だったらしいですね。
それを開発したので、ハル(開墾すること)した土地ということで、原町(ハラノマチ)らしいです。
古くは源頼朝が、奥州平泉は向けて、陣を張った所だったとか~

d0041158_73726100.jpg


現在の原町の通り~~瓦屋根の旧家が見えますね。
江戸時代には、宿場町だったそうで、仙台城へ運ばれる米を摘んだ牛舎が歩いたこともありました。

d0041158_7394723.jpg


千手観音堂~~樹齢200年の大銀杏が待っていてくれましたが、
なんせ~~暑くって~みんなで、かき氷を買って食べました。
ところが境内にはあの憎らしい蚊がいっぱいいて~もう~^カユイカユイ。

d0041158_742435.jpg


ここにも風情のある建物が残っていました。
あちこちに高いマンションやビルの林立する中で、こうした建物が残っているのは貴重でした。

d0041158_7432119.jpg


原町小学校の傍にある平田神社~^平田さんという方は、エリアに貢献した方のようで、
梅田川に橋をかけたりしています。江戸時代のお侍ですね。
この付近の御領主さまでしょうか。

d0041158_7452176.jpg


涼しい風の吹き寄せる境内で~~ラインタイム~~おにぎりを分け合って食べました。
神様に見守られていたせいか、暑さも一時吹っ飛んで~~

d0041158_7471983.jpg


ビルの谷間の隅っこに鎮座していた豊玉神社~~
鎮守の森や境内はどこへやら~~現代の商魂と住宅事情で、追いつめられたような気配です。

d0041158_749514.jpg


そろそろ、足の痛い人が出てきて、引きずりながら歩いていました。
ここは、樹齢1200年の乳銀杏~~すごく気根が下がっていました。

もう少し歩いたのですが、そろそろ限界~~熱射病の人が出ないうちに打ち切りに~
最後は、瀟洒なレストランで、冷たい物をいただいて、電車へ~~
約5時間の外歩き~~元気な人もいて、励まし合いながら~の探訪会でした。
まずは、無事に帰宅できたので、一安心でした。
昨日の仙台での最高気温は32度~^顔がヒリヒリ~^腕も焼けて~
こんな日を無事に過ごせたのは、幸いということでしょうね。


[PR]
by sidu-haha | 2014-08-04 07:56 | 仙台 | Comments(14)
新しい本が~


今日も朝から蒸しますね~。昨夜の豪雨はなんだったのか~
でも、災害にあうよりもよいのかもしれませんえ。

d0041158_16141526.jpg

6月初めに、東京からわざわざ取材に来られたID出版~から、
「季刊誌SORA」8月号が送られて来ました。

涼しくなるような、すてきな表紙ですよねえ。

d0041158_9193388.jpg


「地名は減災のヒント」というタイトルで、
地名が伝えて自然災害などを取り上げてもらいました。

他のページもすてきなことがいっぱいです。
興味のある方は、下のURLをクリックしてご注文を~~。
よかったら、読んでみて下さい。お願いします。
http://idp-pb.com/publications/sora/

d0041158_9254291.jpg


宮城県と福島県境にある猿跳岩~阿武隈川の狭窄部です。
猿も、ザレという崩れる・崩れやすいということを地名が伝えています。


[PR]
by sidu-haha | 2014-08-02 09:29 | Comments(12)