<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
師走だというのに~


いつの間にか恒例となった?? 師走の塩釜神社参拝~

d0041158_2264758.jpg


今年は、ちょっとお願いごとがあったりしてね。

d0041158_2274787.jpg


冬の陽の傾くのは早く~すでに~このかげりよう~。

d0041158_2293613.jpg


それでも、注連縄が新しくなり、すでに門松も設えられていて~気持ちが引き締まるような~

d0041158_22101619.jpg


参拝者がいないのではと~と、思いきや~意外にいるもんですね。

d0041158_22111713.jpg


今年の悪運を払ってもらえるように~形代に名前を書いてお願いをした。
来年はきっと~よいことがあるように~柏手を打つ。

d0041158_22125992.jpg


冷たい北風の吹く境内には、四季桜が咲いて~。

d0041158_22134565.jpg


松島湾も~とてもきれいでした。大きな船が静かに~港を目指していました。

d0041158_2214428.jpg


誰が結んだのか~おみくじ一つ~ 私はお札を戴いて来ました。

d0041158_22164252.jpg


皆様、今年一年、たくさんのコメントを頂戴し、ありがとうございました。
来る年が、良い年になりますように~~。そして、どうぞ、よろしくお願いします。


[PR]
by sidu-haha | 2014-12-28 22:18 | 独り言 | Comments(24)
牡蠣~おいしいよ。


石巻市内の万石浦にある梨木畑の牡蠣剥き場にお邪魔してきました。

d0041158_6505131.jpg


内湾で種付けした後、真夏には外洋へ持って行って育てたという牡蠣~^
施設の前に~いっぱい~。

d0041158_652359.jpg


入り口からすぐ~もうこんなにいっぱい剥かれて、出荷待ちらしい。

d0041158_6533721.jpg


一つの籠に、約7kgの牡蠣が準備されて~

d0041158_6543373.jpg


これは、水切りをしているのだそうです。「水は売れないからねえ」だそうです。

d0041158_6553457.jpg


殆ど女性が剥いているようでした。あっという間に硬い殻から牡蠣を取り出して~
次々と籠に入れられていきます。

d0041158_6565358.jpg


殻などを丁寧に除いているところです。

d0041158_6573774.jpg


最後の洗浄~~~きれいになった牡蠣が、水切りされて、やがて~ケースに入れられて出荷~。

d0041158_6585460.jpg


森から流れ込んできたプランクトンが川へ注ぎ、やがて海へ入り、美味しい牡蠣や魚を育てている
そんなふうに~漁師さんたちが話していました。海を守ることは、山を守ることなのですね。
自然の恵みが私たちに、美味しいものを届けていてくれるんですね。


[PR]
by sidu-haha | 2014-12-12 07:02 | | Comments(30)
寒くなって~


このところ、天候が思わしくなくって~。昨日は山手の方でたくさんの積雪がありました。
湿り気があったために重たい雪となり、木々が倒れたりして電車が止まったりした所もありました。

d0041158_10235396.jpg


そんな中で見つけたウメモドキの真っ赤な実~~
どちらかというと町から遠い沢へ調査に行きました。

d0041158_10262748.jpg


ここが目的の志内田(しないだ)という所~でした。
この付近から発信された川が下流へ行くにしたがって、鶴田川と名前を変えて流れています。
昭和のある時期までは、その川が注ぐ品井沼(しないぬま)という大きな沼がありました。
現在は江戸時代から長い時間をかけて干拓されて沼の形はすっかり消えています。

d0041158_10294028.jpg


その志内田に住んでいるお宅は、わずか3軒だけ~干し柿が美味しくなりつつありました。
このシナイがアイヌ語で解ける地名で、下流の沼の名前シナイ沼と同じです。
シナイとは、本流という意味になります。品井沼は「本流の流れ込んでいる沼」となるのでしょうね。
アイヌ語を話していた人々が住んでいた頃には、この川の流れに沿って、狩りや自然の恵みを
受けながら暮らしていたのでしょうね。

d0041158_10321122.jpg


現在のその流れの上流部です。今は名も無い川になっていて~とても悲しかったのですが、
古い時代には、大切な川だったのですね。地名はそれを現在にまで伝えていました。

d0041158_10333464.jpg


その上を飛ぶ飛行機~~  地名も言葉も~時代でいろいろ変わりますね。

d0041158_1044497.jpg


お訪ねたお宅で、すてきな女性にお会いしたら~帰りに大きな大きな白菜を頂戴してしまいました。
もう、ビックリ~~写真を写すために沢の奥へ行っている間に用意していてくれたんです。
人の心というのは、いつもあったかいですねえ。感謝しながら抱えて来ました。


[PR]
by sidu-haha | 2014-12-04 10:50 | 自然 | Comments(18)