<   2016年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
栗原市民まつり~


運転できない友人が取材に行きたいというので、送りながら一緒に祭りを見てきました。
まずは、偉い人たちのご挨拶から~~傍にはキャラクターさんが並んで~。

d0041158_9575714.jpg


会場に入るとすぐ花山地区のご婦人から、野菜を寒天でまとめたものを~

d0041158_9591989.jpg


茹でたとりどりの野菜を、スープ味の寒天で固めたものだそうで、私にも作れそうでした。

d0041158_1003129.jpg


警官の服装をつけて、パトカーに乗る子供さん、未来の警視総監でしょうか。

d0041158_1012860.jpg


宿場のあった街からは、駕籠かきがでていて、子供さんが乗せてもらっていました。

d0041158_1022562.jpg


栗駒山がある街ですので、森もたくさん~ こちらのブースでは、木工をやっていました。

d0041158_1032188.jpg


こちらは、畳職人さんの組合のブース~昔の畳つくりの様子をね。

d0041158_104526.jpg


興味をひいたのは、ロボットを使って、配管などの損傷など検査をする様子~
やってみたかったけど、子供さんたちが並んでいたので~ガマン。
でも、現在のテクノロジーは素晴らしいですね。

d0041158_1065040.jpg


大きな農機具に乗っている子もいました。未来のファーマーでしょうか。

d0041158_107306.jpg


小さな子は、ピエロのふんした方から、いろんな形に作った風船をもらっていました。

芸術的な出し物もたくさんあって、全部見るのは時間が足りない~。
でも、久しぶりに楽しかったですね。

d0041158_10102539.jpg


大好きな神楽もやっていたので~~。演目は「葛の葉きつね」でした。こちらでは南部神楽になります。


[PR]
by sidu-haha | 2016-08-28 10:12 | 祭り | Comments(12)
須賀神社へ


仙台の混雑する道を車で走るのが大の苦手~、今回は若いお嬢さんに乗せてもらって出かけた。

d0041158_241786.jpg


なかなか途切れない車の列に辟易しながら、やっと道を渡り対岸から鳥居を撮影。

d0041158_2425938.jpg


須賀神社は、牛頭天王やスサノオを祀ることが多く、厄病払いの神様。

d0041158_2444265.jpg


丁度、七北田川が大きく蛇行する袋の奥の部分の所にある神社で、
「スカ」とは、州処とも書き、川が運んで来た砂が堆積した所をいう。

d0041158_2471887.jpg


ここも、古い時代には川が氾濫したりしたのであろう。大きく膨らみながら右から左へと流れていた。

大きな住宅街を抜けて、やっと到着~、やぱり田舎者の私には、近寄りがたい~

d0041158_394390.jpg


d0041158_323635.jpg


都市化してくると、それまであった小さな祠も、落ち着き先がなくなったりして~

d0041158_303564.jpg


狛犬の角がすっかり丸くなって、この神様の歴史を感じることができる。

d0041158_254081.jpg


産土神をしっかり守っている人たちもいるんですよね。


[PR]
by sidu-haha | 2016-08-22 03:16 | 仙台 | Comments(9)
少し色づいてきたね。


d0041158_19292125.jpg


ここは、地名も黄金田という所で、青空と出穂をした田んぼの様子がきれいでした。

d0041158_19315430.jpg


道端には、こんな可愛い花が咲いていて~、お盆だというのに調査に出かけた私を慰めてくれているよう。

d0041158_19333574.jpg


嬉しくなって、たくさん写してしまいました。

d0041158_19345231.jpg


ボタンヅルの白い花も愛らしいですね。
すみません、センニンソウの間違いでした。(^_-)-☆

d0041158_19355226.jpg


蝶も、一休みでしょうか~。

d0041158_19363820.jpg


暑いと、外歩きは疲れますが~、こうした蝶に会えたりすると、少し元気がでるようでした。


[PR]
by sidu-haha | 2016-08-15 19:38 | 自然 | Comments(9)
もう一度滝の上へ


滝の上の原稿を書こうと始まったら~~途中でお手上げ~
もう少し調べないと、最後までまとめられそうもない~。
そこで、もう一度行ってきました。

d0041158_11265788.jpg


ほんとに、滝状に川の流れが落ちているの??どうなの??
今回は、ご主人がいらして、くまなく案内していただけました。
ここが、滝だったのですね。屋敷から川に向かってどんどん降りて行ったら見えた~。

d0041158_11284598.jpg


目の前の二迫川は、勢いよくこの屋敷めがけて流れていた。
集中豪雨や大雨のたびに崖がどんどん抉られているという。

d0041158_11301997.jpg


滝の手前には、蛇籠が長く高く積まれていました。
これは前回には見えなかった~。

d0041158_1132143.jpg


とにかく対岸へ行かねば、滝の上だという証明ができないので、軽トラックで回っていただきました。
なあるほど~~。こういう地形だったのですね。ほんとに滝の上に家が建っていました。

d0041158_11341033.jpg


ワイドのカメラじゃないと、全体が写せないので~二つに分けて~
滝の手前に蛇籠が積まれているのが見えますよね。
これのお蔭で、去年9月の豪雨では抉られなかったですが、
滝となって落ちる川も、下の急流、二迫川も増水して水嵩が増し、避難したそうです。

d0041158_1136244.jpg


川の傍も、海の傍も、景観が美しくて~素晴らしいと思いますが。
少々危険が伴うようで、怖いような所でした。

d0041158_11374716.jpg


帰り道にみつけたフシグロセンノウ~~ホッとしました。


[PR]
by sidu-haha | 2016-08-09 11:42 | 自然 | Comments(8)
あれから5年5ケ月~


久しぶりに、東松島市浜市にある野蒜築港跡へ行ってきた。

d0041158_2134043.jpg


北上運河の向こうには、広い松林があったはずなのに、何にも失くなってしまって。
若者たちがバイクでやってきて、これから泳ぎ始める準備をしていたのが少し救いかもね。

d0041158_21355829.jpg


鳴瀬川河口には、砂浜が広がっていたのがすっかり消えて~こんな具合。
護岸というのでしょうね。今後大きな津波が襲来しても大丈夫なようにとの工事・・・。

d0041158_21373325.jpg


集落の跡には、漁業者のために施設だけがあり、道も穴ぽこだらけ~
完成したら、きれいに舗装されるのだろうか。

d0041158_21394839.jpg


これだけは、持っていかれなかったらしい。

d0041158_21403842.jpg


これは、2007年の写真~~。この付近で、こんな風にみんな遊んでいたのになあ~。
遥か、遠い日のことになってしまった。

d0041158_21423285.jpg


明治に作られた橋台付近も、こんな感じ~。
せっかく作ってくれているのに、嘆いてばかりじゃダメですよね。

d0041158_2144544.jpg


張り切って築港を計画し、工事したのがとん挫して~
それから、平成になって、大きな津波は、またしても、港を壊してしまった。
計画した大久保利通も、まさか~想像もしなかったでしょうね。

d0041158_21461969.jpg


工事が完了するまで、まだまだなのでしょうね。
サーファーがやってきていましたが、道が整備されていないので、戸惑っていたみたい。

d0041158_2148524.jpg


これも震災前のもの。現在は~~緑が全然なくて~。
何十年後かには、緑も戻ってくるのだろうか。

d0041158_2148567.jpg



[PR]
by sidu-haha | 2016-08-06 21:52 | | Comments(7)