<   2017年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
360年も使われている用水路
いつも何気なく見ている水田~。ここに水を曳くために先人はご苦労されていた。
d0041158_10430177.jpg
奥羽山脈への途中、芭蕉があるいた鳴子の中山に、
360年ほど前に掘られた隧道と用水路が残されていた。

d0041158_10435161.jpg
d0041158_10400172.jpg
水路を越えて対岸へ行くのに、足を取られたり、石に足をかけると滑ったり~


d0041158_10411051.jpg


d0041158_10414602.jpg


このような崖の続く山を開削して造られたのだそうです。
道具は、鑿と他になんでしょうね。



d0041158_10422478.jpg


右下の方に隧道の入り口が見えますね。
ここからはトンネルになっていました。


d0041158_10420429.jpg
d0041158_10451835.jpg


途中には、こんな赤い実が~ 山菜もたくさんありました。

d0041158_10452645.jpg


ここが隧道の出口になっていました。
水路には岩魚がたくさんいるのだとか~。

d0041158_10440317.jpg



この寒冷地で育った「ゆき結」という米を炊いて作ってもらったおにぎり~
とっても美味しかった。山菜のミズは蕨も出て~準備してくれた方に感謝でした。

d0041158_10454667.jpg


これは、ノスリという鳥の羽~

d0041158_10455423.jpg


[PR]
by sidu-haha | 2017-06-26 10:56 | | Comments(17)
気分転換に~

うまくアイディアが生まれないとき、気分転換は最高~

d0041158_20535490.jpg


いつもと違う場所へエスケープ~ これは学生時代によくやったっけ。

d0041158_20532337.jpg


色違いも咲いていました。

d0041158_20533082.jpg


花は、いいですね~~。自分じゃ、上手に育てらないのですが~見ているとホッとする。

d0041158_20531170.jpg


きらきら光る木漏れ日に、神様の愛の手かも~なんて思ったりして。

d0041158_20533806.jpg


棘があっても、美しさに変わりはなく~。

d0041158_20541799.jpg


おかげで、無事に気分転換を果たしてきました。(^_-)-☆
とは言っても、よいアイディアは、まだですか~。




[PR]
by sidu-haha | 2017-06-13 20:59 | 自然 | Comments(12)
住めなくなった浜では

あれから6年の月日が過ぎました。
久しぶりに訪れた仙台市若林区荒浜では、工事車両が行き交って~

d0041158_11054249.jpg

深沼海水浴場として、市民の憩いの場でしたが、今は住むことができない。

d0041158_11051414.jpg
ふる里を忘れたくない、忘れないでと建てられた記憶の鐘
触れるのが畏れ多いような気がして鳴らせませんでした。
d0041158_11053008.jpg

犠牲者の名が記された石碑と、御霊を慰める聖観音像、
この日も、たくさんのお坊さんたちが訪れて経文を~

d0041158_11044516.jpg

それでも、電柱に残されていた「荒浜」の文字、
たった一つある信号と、配線柱にのみ地名が残されていました。

d0041158_11035705.jpg

ふる里の地を訪れる人たちのために個人が建てたロッジ
バス停の表示も個人が思いを込めて作ったそうです。

d0041158_11045196.jpg
d0041158_11050193.jpg

これら残った松の高さ(13m)の津波が襲ったということでした。

d0041158_11140747.jpg

それでも、人々は生きて行かねばなりませんね。
砂浜に咲く花の命も、尊く、ことさら美しく思われました。



[PR]
by sidu-haha | 2017-06-09 11:18 | 東日本大震災 | Comments(6)
久しぶりに~

とても久しぶりに、上多田川の上流部へ行って来ました。

d0041158_12244080.jpg


どちらかというと山手へ入る感じの道を進むと~

d0041158_12245502.jpg


小さな鳥居が見えて~~、八幡様が祀られているそう~。

d0041158_12251835.jpg


川の片側が畑や田んぼになっていて、家々は右手の高台に~

d0041158_12254078.jpg


35代以上も続くという旧家の屋敷内には、土蔵も板倉もあって~

d0041158_12255681.jpg


昨日は、こちらの大日様のお祭りでした。

d0041158_12310220.jpg


手作りの階段と竹で作った燈籠~明かりが灯ると、それはそれは~~
おかげで、心が浄められたような~、そんな気持ちに~。




[PR]
by sidu-haha | 2017-06-04 12:34 | 自然 | Comments(9)