自然に溶けたくなるような~。
d0041158_12093193.jpg

この頃、自分が疲弊しているような気がして、ちょっと足を延ばして森へ行ってみた。

d0041158_12072878.jpg


何だろう。風、木々、空が、自分を包んでくれる、そんな感じがたまらない。

d0041158_12102745.jpg


[PR]
# by sidu-haha | 2018-11-17 12:11 | 紅葉 | Comments(1)
野蒜海岸へ
d0041158_12343245.jpg
d0041158_12361037.jpg
豪雨の後の海岸には、大量の貝殻やゴミが打ち上げられていた。
日曜日とあって、たくさんの人が集まってね。
まだ、海水浴ができないので、浜や波打ち際に人が集まる。
d0041158_12382561.jpg
何万年前かの海底火山噴火によりできた
奇岩があちこちに見られる。
d0041158_12401809.jpg
これは、通称ビッキ岩と呼ばれているが、
魚の頭というか、口のようにも見える。
d0041158_12420398.jpg
砂浜で、なにやらスポーツをやる人々。
卓球のラケットのようなものを持っているよね
d0041158_12440672.jpg
やっと上がって来た亀が、こんな残骸に。
たぶん、カモメたちの餌食になったのではないかという。
互いに生きるということが、大変なことなんですね


[PR]
# by sidu-haha | 2018-08-23 12:46 | | Comments(12)
百合園へ

久しぶりに、遠出らしいことをする。
目的地は、百合園。

d0041158_23420877.jpg


この花は、カルディアというそう。
美しいピンクに、早速魅了されてしまった。

d0041158_23431257.jpg


花も、集まり過ぎると、ちょっと姦しい感じがしないでもないような。
気のせいかな。(๑′ᴗ'๑)

d0041158_23451282.jpg


白い花が、一番百合らしいと言ったのは誰だったかしらね。

d0041158_23465299.jpg


雨後とあって、花色が冴えて見えるように思う。
大きな丘を、百合の花だけが覆っていて、それはそれは豪華。

d0041158_23482263.jpg


手入れをして下さる方々のお蔭で、私たちは、花の饗宴を楽しませてもらっている。
秋田県大館から、わざわざバスでやって来ている人たちもいた。
秋田犬で、このところ、有名ですねと話しかけると、是非、お出で下さいとのこと。

d0041158_23503835.jpg
d0041158_23505125.jpg


緑の中で、ゆっくり楽しませていただいた。



[PR]
# by sidu-haha | 2018-07-09 23:51 | 自然 | Comments(21)
奇岩?

d0041158_11461171.jpg


奥松島へ行って来ました。
なんだか、亀が、お母さんの背に乗っているような~。

d0041158_11463302.jpg


ほら、夕日が射してきて~、目が光っているようですよね~
自然って、楽しいですね。(๑′ᴗ'๑)

d0041158_11492235.jpg


怪獣の歯並びのようでしょう~。
全然、虫歯ないのかな?

d0041158_11503169.jpg


雉子がやってきました。家路を急いでいるらしく、足が速い!!

d0041158_11513155.jpg


どんな風にしてできたのかな?
大きな窓ができていました。

d0041158_11521965.jpg


大きな島のような岩山が続いている一角に窓ができていました。

d0041158_11525742.jpg


近づくとこんな感じ~。
向こう側へ潜っていくと、まるで天岩戸状態。

d0041158_11543203.jpg


何万年前に奥羽山脈が噴火して飛んで来たお土産なのかな。
どこを歩いても、奇岩、奇岩、すごいなあ~。





[PR]
# by sidu-haha | 2018-05-21 11:56 | | Comments(13)
山の道へ



仙台市の西部、江戸時代には秋保長袋分だったという地へ出かけた。
集落最後の家を過ぎると峠になっていて、昔は山形へ向かう道があり、今でも行けるという。
ちょっと、散策を楽しみながら、歩いてみることにした。

d0041158_10283988.jpg
最初に出会ったのがハンノキ、たくさん花粉が飛びそうだ。

d0041158_10294797.jpg

誰もいない雑木林、春い空を見上げると気持ちがよいねえ

d0041158_10295374.jpg

もうすぐ、小さな優しい緑が芽吹いてくるよ。
d0041158_10321792.jpg

おっ、キブシの花だ。お久しぶりですね。(๑′ᴗ'๑)
荷物を枯れ葉の上に置いて、谷間を流れる川へ近づくと~

d0041158_10471472.jpg

咲いていたんです。カタクリの花が~
d0041158_10472536.jpg

見渡すと、他にもあちこちに!! 感激ですね。
さらに川の縁の方を見ると、イチゲ花が~でも、危険がいっぱい。
近づいてカメラを落としたら、とか、スマホじゃ届かないかなとか~

d0041158_10473311.jpg

急斜面に咲いていたので、足が滑らないように最高に注意して。
撮れた~~。可愛いですね。

d0041158_10511843.jpg

熊除けの鈴はつけていたのですが、あんまり奥へ行くのもと思い、
道を戻り始めたら。少し落ち葉の布団を着ていたのですが、ゴメン!!
除けてしまった。|д゚)
この春一番に会えた野の花が、足元にいろいろあって、山の神様に感謝でした。



[PR]
# by sidu-haha | 2018-04-01 10:53 | 春~ | Comments(16)
あれから、もう、7年が~

d0041158_18523860.jpg


あれから、7年が過ぎた。今日も海は美しい。
震災後、どうしても歩かなければならず、心の負荷を隣に置きながら調査に行った。

d0041158_18524679.jpg

少しは、気持ちが軽くなっただろうか。
いや、そうでもない。海を見ると、海がどんなに美しくとも~

d0041158_19003174.jpg


傍に寄るのも、勇気がいった。
ここは石巻市北上町十三浜の大室浜

d0041158_19004113.jpg


何事も無かったように~笑顔で話す人がいた。
その心の奥を見ることはできない。

d0041158_19023325.jpg


一人、船外機を動かし、海へ出ていく老漁夫、
静かな海が、輝きながら、受け入れているように見える。

d0041158_19024578.jpg


残った人々は、高台に家を建て、集落が、暮らしが、また、動き出していた。


[PR]
# by sidu-haha | 2018-03-16 19:06 | 東日本大震災 | Comments(13)
北上川を舟で~

d0041158_01380418.jpg

生憎の雨待ち空で、ちょっぴり残念なのだけど、
舟に乗せてもらって、北上川を漫画館のある中瀬から遡上した。
d0041158_01381819.jpg


いつもは、川沿いの道から見ている曽波神が、まるでタプコプのように見える。
タプコプというのは、アイヌ語で団子のような形独立丘を呼ぶ。
この小さな山はまさにそんな感じで、川の傍にあることから、曽波神(そばのかみ)なのであろう。

d0041158_01415100.jpg


いつもは遠くに見える水門も、間近に見えて、迫力があり臨場感たっぷり。

d0041158_01420573.jpg
d0041158_01435854.jpg


幾つもかかる橋の下を潜る時には、感激!!

d0041158_01474704.jpg


七ツ石と呼ばれる付近、江戸時代の舟運で、岩手県一関方面から
石巻までお米を運んだが、その舟がここで、船頭たちが休憩をしたと伝わっている。


d0041158_01511500.jpg


北上川は東北で一番大きな川、その河口の中瀬に石森章太郎などで知られる漫画館があり、
手前は津波で被災し、現在修理中の聖ハリストス教会が見える。

d0041158_01513203.jpg


内海さんという方が、親が急病の際橋が無かったために、辛い思いをしたことから、
私財を投げうって内海橋を架けた。その橋も津波で傷み、現在新しく架けられつつある。

d0041158_01553216.jpg


護岸工事なども、どんどん進められているが、津波は、約50km遡り、
岩手県境まで届いたそうだ。津波は川を急速で上るので、沿岸地帯は大変だった。
10年以上前にも乗せてもらったことがあったが、久しぶりに、ドキドキ・ワクワクの時間だった。


[PR]
# by sidu-haha | 2018-03-13 01:59 | | Comments(7)
落ちそうで落ちない!!

d0041158_18321136.jpg
あの日から、まもなく7年になりますね。
たくさんの方にお世話になりました。ありがとうございます。
北上川が、海への出口付近に、釣り石神社があります。
巨岩が、山の斜面の途中で止まっていて、落ちて来ない。

d0041158_18315501.jpg

d0041158_18315900.jpg
それで、受験生たちが、落ちないことを願って、たくさんお参りに来ていました。
今日も、老夫妻がやってきていて、「年寄りには、これくらいのことしかできないからね~」
と、両手を合わせ、御祈祷をお願いしているようでした。

d0041158_18303038.jpg

d0041158_18304676.jpg

d0041158_18311054.jpg
もともと中世の館跡だったようで、長い急坂を登った上は、館のあった所らしかったです。
近辺は、防潮堤や道、宅地などの工事車両がたくさん走っていて、おおお~、コワ!!でした。

神社の入り口というか、道の途中の角に祀られていた大きなお地蔵様です。
ご先祖様の徳を湛えているようでした。

d0041158_18443140.jpg



[PR]
# by sidu-haha | 2018-02-22 18:46 | 自然 | Comments(9)
春祈祷へ行ってきました。

東日本大震災で被災した人々も、頑張っていますね~。
江戸時代とか、或いはもっと前から伝わっているという
俗に、春祈祷と呼ばれる疫病払いの獅子振りが、小さな浜ごとにあります。

d0041158_11420157.jpg


ここは、大室浜という所ですが、11日、起き抜けに出かけてお邪魔してきました。
獅子頭も、太鼓も、全て、震災後ご寄贈していただいたものだとか。
横笛や太鼓の演奏も、力が入っていて、心の中のドンドン響いてきます。

d0041158_11424287.jpg
地元の方々が集まって、神事や仏事の後、集落の神様、山神社へお参りし、
その後、各家ごとに回って、厄払いをして歩きます。

d0041158_11424773.jpg

踊っているのは、全て地元の方々で、大獅子と小獅子がいます。
小獅子は、先導役も、舞手も地元の小中学生でした。

d0041158_11483515.jpg

獅子もお神酒を振る舞われています。
獅子が立ち寄るお宅では、大変なご馳走を準備して待っています。

d0041158_11484888.jpg

必ず、一軒一軒、お家の中に入り、通り抜けて、厄を払いますので、
土足で歩けるように、家の中に茣蓙などで道を作っておきます。

d0041158_11503869.jpg

d0041158_11502404.jpg

毎戸ご馳走になっていると、お酒もどんどん増えて、最後には酔っぱらってしまうとか。
d0041158_11534050.jpg

d0041158_11535088.jpg

d0041158_11544138.jpg

震災後、集落を去ったお宅もあるようでしたが、
この日だけは、戻って来ているらしいです。
若者も、お年寄りも、ちっちゃな子も、みんな笑顔いっぱい。
若い人たちが、祭りに参加しているのが素晴らしいなと思いながら、拝見してきました。



[PR]
# by sidu-haha | 2018-02-12 11:59 | 春~ | Comments(11)
我が家のお客様、ヒヨちゃん

毎日寒い日々ですね~。この季節、小鳥たちは餌をどうしているのか~。
餌が取れないからなのかもしれないのですが、この季節になると、ヒヨちゃんが毎日やってきます。

d0041158_16373121.jpg
d0041158_16381990.jpg
時々、食パンをちぎって、まいておくと、即、やってきて部屋の中を伺い、
大丈夫らしいとなると、地面に下りてきて、パクっと咥えてすぐ傍の木蓮の木へ。

d0041158_16380647.jpg
少し大きくちぎったら、一度にのみ込めなかったようで、
何度も口の奥へ入れたり出したりして、だんだん湿り気を多くしているよう。
d0041158_16374204.jpg
パンが憚っていますよね。大丈夫かな~。
大変なようですが、こんなのを繰り替えしては、部屋の前で遊んで行ってくれます。
朝になると、またおねだりをするように啼いてくれるので、
またまた、パンをちぎって、今度は小さくしてね。遊んでもらっています。(๑′ᴗ'๑)


[PR]
# by sidu-haha | 2018-02-08 16:48 | 小鳥 | Comments(8)