人気ブログランキング |
鬼切辺戦場跡~


古代東北では、前九年の役(えき)、後三年の役(えき)という長い闘いの時代がありました。

東北に住むエミシと呼ばれた人たちと、朝廷(源頼朝の御先祖様)側の人たちの長い闘いです。

たぶん、日本の歴史の中で、一番長い時間の戦いだったろうと思いますが、ちと、アヤシイ~~(^0_0^)

d0041158_20294738.jpg


ここは、鳴子から、鬼首(おにこうべ)を過ぎて秋田へと続く国道108号が通る所の高台です。

この付近で、秋田側のエミシ・朝廷側に寝返った清原氏と安倍軍がたたかった合戦場だったと伝わっています。

d0041158_20331130.jpg


登る途中で咲いていたヤブマメです。これ、とっても好きな花なんですよね~

d0041158_20341794.jpg


戦場跡(?)は、荒れて、ススキの原になっていました。兎が団子を持って出てくるかな~~(*^_^*)

d0041158_20353360.jpg


昔のガキ大将たちは、下方に見える軍沢(いくさざわを眺めています。

あっちから、清原軍がやってきたんだろうか~貞任(さだとう)軍は、あそこを越えてきたかな~なんてね。

d0041158_20374432.jpg


d0041158_2038135.jpg


野菊やキンミズヒキが、とてもきれいに咲いていました。戦などは、関係ないですね。

気持がよいほど、晴れ渡り、青空と美しい山の峰が~~続いています。

d0041158_20392862.jpg


広い原野状のここは、奥羽山脈の端っこ~鬼首峠を越えると、すぐ秋田県秋ノ宮になります。

秋ノ宮の地名は、秋田県と宮城県の境界の地という意味なんだそうですよ。



にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村

ポチっとお願いします。(*^_^*)


by sidu-haha | 2010-09-25 20:44 | 小さな旅


<< 間欠泉~~ 鳴子ダムと荒雄川神社~ >>