上街道~


この日の目的地は、嶋躰(しまたい)という集落でしたが、ナビの言う通り走ったら、
なんだか、間違っているんじゃないの??というような交差点に出た。
そこで、方向転換しようと右へ曲がったら、なんと、そこには上街道の大きな標柱が~

d0041158_1121220.jpg


上街道は、源頼朝が平泉へ向かった道でもあり、芭蕉が通ったともされる古道です。
早速、長靴に履き替えて~雪の道を登ることに~

d0041158_1133374.jpg


500m先に、何か祠があると標柱に書いてあったので、そこま行ってみることにした。

d0041158_11422100.jpg


良く晴れて、風もなく、ちっとも寒くない~

d0041158_115112.jpg


これは、もしや、漆の実~~かな~~違うかな~
ふふ、これは、リョウブの果序だそうです。zao480さんに教えていただきました。ありがとうございます。

d0041158_1161777.jpg


標高が高くなると、雪もなく、古道を歩く気分は、なかなか~~のもの。

d0041158_117295.jpg


倒木が朽ちて~まるで、ロボットが一休みしているような~^楽しいですね。(๑'ᴗ'๑)

d0041158_1183347.jpg


落ち葉の下から、時々顔を見せている石~^もしや、鉱石か~なんてね。

d0041158_119504.jpg


道はまだまだ続いているのですが、残念ながら、祠は見つからない~諦めて戻ることに~

d0041158_1112062.jpg


思いがけない冒険でした。今度は、もっと奥まで行ってみたいなあ~。


[PR]
by sidu-haha | 2016-02-14 11:14 | 小さな旅 | Comments(21)
Commented by tomiete3 at 2016-02-14 11:40
おはようございます

   歴史の道…何があるかとの冒険・・・春になったら再挑戦されるのでしょうね。

   
Commented by isao1977k at 2016-02-14 12:34
古道を歩くのもいいですね。いろいろな発見がありますね。
Commented by cynchia at 2016-02-14 12:50
こんにちは、残雪の山道の、こんなハイキングも楽しいですね。
Commented by tenpousen6 at 2016-02-14 15:43
古道を歩く、私の趣味の一つです。
こんな雰囲気の道は歩きやすそうですね。
Commented by asitano_kaze at 2016-02-14 17:51
上街道、この道を芭蕉が歩いたのですか。
想像しますと、わくわくしてきますね。
長靴をちゃんと準備されているんですね。
雪道は歩きづらかったでしょう。
木が朽ちた姿、感動します。こうして自然へ帰っていくのですね。
未知の古道を辿るのはロマンとスリルがありますね。
Commented by timata-sn at 2016-02-14 18:25
sidu-hahaさん こんばんは
今日は曇り空が続きましたよ、暖かでした。

上街道、は源頼朝が奥州へ入った時に通った道なんですか。
それに松尾芭蕉が旅した道でもあるんですね。
中々のロマンが有りますね。
朽ちた木がそのまま残っているんですね、こうして自然へと帰るんですね。
歩いて居ても興味深々と行った所でしょうか。 
Commented by hiro-photo at 2016-02-14 19:22
こんばんは。
古道を歩くのも楽しそうですね、新たな発見があるかもしれないワクワク感が良いですね。
日本全土に古の人たちが歩いた道が残っているでしょうね・・。
高知にも坂本龍馬が脱藩して山越えをした道・・・・、でも私にはちょっと無理なようです。
Commented by happysweet1205 at 2016-02-14 19:36
雪の古道 探検気分で楽しそうですね。
風もなく穏やかな日で良かったですね~。
私もこういうところ歩いてみたいです。
Commented by tanuki_oyaji at 2016-02-15 20:03
sidu-hahaさん、こんばんは〜♪
芭蕉も歩いた上街道ですか。
歴史のある古道を歩くのはワクワクします。
祠が見つからなくて残念ですね。
Commented by nikojisan at 2016-02-15 20:17
芭蕉には多少なりとも興味はありますが・・・年を取った今ではこんな山道は歩けそうもないです。
それにしてもsidu-hahaさんはとても行動的ですね・・・?
雪がなくなったらまた挑戦されるのでしょうか・・・。
Commented by usatyu4 at 2016-02-16 21:50
こんばんは 奥の細道街道とか歴史街道に出会うと、わくわくします。平泉にも行きたい
けど、なんといっても遠いです。こちらで見せてもらっていった気分になりました。
Commented by hikarigraphy at 2016-02-16 22:33
まさに奥の細道っていう感じですね。
標識がなければ、判別がつかないような道ですが
ワクワク感を感じますので、ぜひ機会があればリベンジお願いします^^
Commented by zao480 at 2016-02-17 01:29
思いがけず見つけた古道を歩くのは面白いですね。
祠はもっと奥だったのかな~。落ち葉でふかふかして歩きやすそうな道、また今度訪ねて下さい。
茶色のはリョウブの果序ですね。
今度はリョウブが咲いているときに是非。
Commented by iris304 at 2016-02-17 07:58
こんにちは(^○^)

芭蕉や源頼朝も歩いた上街道
今もこうして現代人が歩くということにロマンを感じます。
長靴をお持ちになって走っていらっしゃるのですか?
でも、そのおかげで雪の残る上街道を歩くことが出来て良かったですね。

倒木
私には恐竜の様に見えます。
風はなくても空気がぴりっとして気持ちよさそうですね〜
Commented by 山小屋 at 2016-02-18 10:23 x
このまま、奥まで歩けば新しい発見があったのではないかと思います。
木々の緑から春の息吹を感じました。
Commented by slowhanded at 2016-02-18 20:42
おぉ、何とも趣深き道だなぁ。(・∀・)イイ!!

残雪を見ながらの散策もなかなかですが、安全を考えれば
もぅちょっと暖かくなってからの方が良いのかな?(;・∀・)
Commented by gigen_t at 2016-02-19 06:35
 何時もの事乍 探究心旺盛 且つ 度を越す バイタリティー 素晴しい事です、 これが スバラシイものの 上梓に 繋がり行くものと思われます。 益々のご活躍を、
Commented by KawazuKiyoshi at 2016-02-20 18:01
冒険は面白いですが
無茶はいけませんよ。
まだ雪が残っているのでしょうね。
お元気で。
今日もスマイル
Commented by natureflow at 2016-02-23 16:00
雪の奥の細道に
分け入るのは
素晴らしい寄り道ですね!!

義経ではないのでしょうか?
Commented by 地理佐渡.. at 2016-02-28 15:14 x
こんにちは。

良い日差しのもと、雪の融けた道を一人歩く。
静かな環境に身を置いて、古道を歩く。
なんとなく寂しいものもありますが、古い時
代の街道ともなりますと、様々な思索を伴い
結構楽しいひとときにもなりましょう。
こんな時にあれこれ地名のことをうかがいな
がらお供もしてみたいものです。


Commented by haruneko3 at 2016-03-02 23:13
奥の細道。。。。魅かれます。芭蕉の句はあっさりしみじみで好きです。


<< 春の足音~? 天平産金の地??? >>